読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

山でよく見る樹木 VOL.01 「そよぐ木 ソヨゴ」

★加藤智二 山の植物について

山歩き途中で出会う植物、とりわけ樹木は広葉樹や針葉樹と大雑把にいうことが多いです。落葉する木、常緑の木など覚えるのが大変です。紅葉して自己主張が強い落葉樹は覚えやすいですが、常緑広葉樹はなかなか手ごわいです。

スタートから地味だとお叱りを受けそうですが、ソヨゴ(冬青)の可愛らしい小花を六甲山で見つけたのでご紹介します。

f:id:katomoji:20160603144226j:plain

受粉すると花弁の王冠が取れてしまいます。クモの糸に引っかかって浮いているみたいです。

f:id:katomoji:20160603144337j:plain

実はこれから膨らんでいきます。

f:id:katomoji:20160603144509j:plain

葉は卵状楕円形、厚みと光沢があってのっぺりした外見を持つ。表面は深緑で滑らかで縁は滑らかだが波打つのが特徴です。風に吹かれて葉が擦れ合うときに特徴的な音が発生し、「そよご」の語源となったといわれます。

f:id:katomoji:20160603144823j:plain

赤い実で鳥たちにアピールしますが、不味いのは御見通しの様でこの冬の山々では赤い実を冬風に揺らしていました。葉にはタンニンを含んで染料にも利用する様で、毒ではなくても苦くて不味いようです。森の非常食としては役割もあるかもしれませんね。

7月の登山ツアーまでひと月ほどとなりました。 

☆ 様々な花の特徴をじっくりと見、植生のロケーションも一緒に観察するのも楽しいものです。記録的な少雪の今年は早めに観察撮影ツアーを計画しました。標高1623m黒岩山周辺の湿原地帯をはじめ、北アルプス北端の静かな山旅は少人数6名からの企画です

f:id:katomoji:20160603150641j:plain

☆ まだ歩いたことがない六甲山を見つけよう! 六甲山を歩きつくそう!シリーズ4 第4回 7/8 催行決定!募集中です。

☆ 6/11(土)北播磨地区で愛されている源平ゆかりの「三草山」、ご一緒しませんか。ご参加の方には地域の方に愛されているパン屋さん「アイガー社本店」のパンセットをプレゼント!! 

☆ 国立登山研修所友の会のホームページ は登山のお役立ち文献「研修VOL.1~VOL.30」が閲覧できるようになっています。最近開催された研修会の様子もアップしました。