読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

裏六甲地獄谷道の様子 & アケビの花

六甲山塊の北側、神戸電鉄の花山駅又は大池駅から六甲山へ登る道に地獄谷道が古くからあります。途中にはいくつかの滝を有する沢沿いの登山道です。

f:id:katomoji:20160417231050j:plain

ところが現状、大きな堰堤に上流部に水が溜り登山道が水没しています。おっと!

f:id:katomoji:20160417231317j:plain

更に上流にある水没地点を上流側から。写真右手に階段状の登山道が見えます。

f:id:katomoji:20160417231354j:plain

古くから歩かれている登山道ですが、自然のなかのものですから登山者として適切な対応力を持つ必要がありますね。

六甲山のアケビは今、花盛りです。二種類のアケビが咲いています。最初はアケビ。漢字なら木通だそうです。葉は5枚の小葉が掌状です。

f:id:katomoji:20160417232143j:plain

小葉が3枚のミツバアケビの花はチョコレート色ですが、透過光だとルビー色なのでとてもきれいですよ。

f:id:katomoji:20160417232257j:plain

f:id:katomoji:20160417232705j:plain

☆:来週末の金・土・日は東京五反田でアウトレットフェアです! 

☆:賞金10万円を目指すイベントがアウトレット会場で23日12時受付開始で開催です。3人チームであれば、どなたでも参加可能らしいです。

さて、夏の計画にいかがですか。加藤企画です。

7月に北アルプスの最北端「朝日岳の高山植物」のツアーにご一緒しませんか。急いでトレースする登山ではなく、自然観察をじっくり楽しむ、撮影も楽しむ方も歓迎です。

f:id:katomoji:20160417232956j:plain

7/16-19 花の北アルプス朝日岳贅沢に高山植物と過ごします。一眼レフやミラーレスカメラを持って、思い思いにシャッターを押せます。朝日小屋に連泊します。

その他の加藤同行ツアーはこちらでご確認ください。

5回に分け、六甲山を歩き回ります。4シーズン目を迎えますが、まだまだ歩くコースはあります。自然と地理、歴史と生活を自分の足で辿ってみませんか。長時間歩行トレーニングにちょうど良いです。

5/9 第二回 は六甲を沢沿いルートから最高地点、六甲山石宝殿と呼ばれる六甲山神社(むこやまじんじゃ)から東おたふく山、弥生時代の会下山遺跡経由、阪急芦屋川駅に下ります。20km弱のロングなので、夏山のトレーニングを兼ねることもできますよ。(ただしスピードはゆっくり、解散は遅めの設定。

国立登山研修所友の会のホームページ は登山のお役立ち文献「研修VOL.1~VOL.30」が閲覧できるようになっています。最近開催された研修会の様子もアップしました。