読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

地球からの贈り物 鉱物 VOL.20 「銅を含む鉱物たち」

★加藤智二 山の地質学

久しぶりに鉱物標本を引っ張り出してみました。銅は大昔から様々な合金として使われてきました。銅単体で結晶するものもありますが多くは化合物として産出します。古来より岩絵具の群青として使われた藍銅鉱(アズライト)は炭酸塩鉱物です。

f:id:katomoji:20160326145114j:plain

炭酸が抜けていくと孔雀石(マラカイト)に変化します。これは岩絵具の松葉緑青の原料でもあります。青から緑で変化します。

f:id:katomoji:20160326150443j:plain

硫黄との化合物で有名なのが黄銅鉱でしょうか。下の写真は愛媛県別子銅山のものです。住友財閥で有名な住友家が経営したことでも知られています。

f:id:katomoji:20160326143629j:plain

酸素との化合物、いわゆる酸化物は赤や緑でにぎやかです。赤銅鉱は蛍光灯と白熱灯とで色が違って見える多色性を示します。

f:id:katomoji:20160326143604j:plain

中国産出です。樹枝状に延びる銅単体の結晶、球体の銅を覆う珪孔雀石(クリソコラ)、透明感がある黄緑と深い緑色の銅化合物が同居しています。

f:id:katomoji:20160326144507j:plain

f:id:katomoji:20160326144547j:plain

水晶も同居です。

f:id:katomoji:20160326144652j:plain

銅は電線や熱交換器など社会インフラに欠かせない鉱物です。景気が悪くなると需要が減り、価格が下がるバロメーターのひとつでもあるようです。

お知らせ 

北播磨の山に登る!プレゼント付きバス企画、4本を募集開始しました。大阪乗車と神戸乗車をお選びいただけます。

4/23 西脇市白山 

5/28 加西市善坊山~笠松山 

6/11 加東市三草山 

7/3 多可町笠形山

5回に分け、六甲山を歩き回ります。4シーズン目を迎えますが、まだまだ歩くコースはあります。自然と地理、歴史と生活を自分の足で辿ってみませんか。

4/21 第一回 

5/9 第二回 

6/2 第三回 

7/8 第四回 

8/9 第五回