読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

仙涯嶺

★島田和昭 装備について

三連休は中央アルプス仙涯嶺(せんがいれい)へ
初日は買い出しをして登山口でテント泊
二日目は標高差1500m稼いで越百山直下でテント泊
ガイドは25K顧客は平均13K背負ってがんばります
およそ7時間の行程
f:id:shimadaguide:20160323091110j:plain
↑風下の雪を削りテント設営
f:id:shimadaguide:20160323091255j:plain
↑ズッキーニを焼いてチーズでまぶしてまず前菜
 寝るまで長いので水作りしながらチマチマ食べます

三日目は越百山から仙涯嶺往復して下山
およそ8時間の行程
f:id:shimadaguide:20160323091541j:plain
↑目標は右手前の岩山 仙涯嶺(左奥は南駒ヶ岳)
 稜線の左は風上だけどそのため雪はカチカチ
 右側は風下だけど雪はザクザク
 リスクとスピードのバランス考えながら
 慎重にルートファインディングしていきます
f:id:shimadaguide:20160323091948j:plain
↑岩混じりの稜線を越えピークへ
f:id:shimadaguide:20160323092126j:plain
↑北西からの風が時より強く完全装備で下山
f:id:shimadaguide:20160323092255j:plain
↑下山路からの仙涯嶺 

入山前に顧客のみなさんからは
「春山装備でいいですよね?」
という質問ありましたがもちろん
完全冬装備の準備をしていただいています

結果的にはわかんとゴーグルを使わないぐらいで
その他の装備は全て使用していました

これからの2000-3000mの春山
少し寒気が入れば冬山になります
山は理不尽で容赦しませんので
みなさんも慎重な態度で雪の春山を
楽しんでください!