読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

新雪の比良 堂満ルンゼで雪山トレーニング

★加藤智二 トレーニング

鹿児島県奄美市で115年ぶりに雪が観測された24日、例年たくさんの積雪がある湖西の山々、実は寒いながらも快晴に恵まれていました。先日までの暖冬の影響か湖西線比良駅前から望む景色は早春の趣でした。

f:id:katomoji:20160125160438j:plain

今日は好日山荘登山学校雪山トレーニングとして選んだ「堂満ルンゼ」の日。タクシーに分乗して山をめざします。

f:id:katomoji:20160125160715j:plain

今回は雪山に必要なギアを使う機会を増やし、自分の道具に馴れてもらうことが目的です。手袋を付けたままアイゼンを装着できるようになる、アイゼンの爪を雪面に喰い込ませる、フロントの爪(ポイント)の使い方など、その技術が必要な場面で体験できました。

f:id:katomoji:20160125161301j:plain

雪があるところに行こうと考えたとき、登山用品店に行き、一度は手に取ったことがある6本爪、その横にある12本爪のアイゼンを横目に見て悩んだこともあるかと思います。道具それぞれには想定された使い方とその限界があります。

現場が先生ですね。各自が感じるところがあったかと思います。

f:id:katomoji:20160125162331j:plain

頑張ったあと、光降り注ぐ稜線を進みます。

f:id:katomoji:20160125162502j:plain

堂満岳の頂上からは琵琶湖と鈴鹿の山並みがお出迎えです。

f:id:katomoji:20160125162736j:plain

堂満ルンゼ内は新雪で締まりなく、先頭はラッセルを堪能できました。今回は圧雪された夏道登山道ではなく、丁寧な足さばきをせずに歩くとトレースが崩れてしまう雪山登山を体験できました。

f:id:katomoji:20160125164115j:plain

同じ山でも行く度に条件が変わる雪山は楽しさと危険が隣り合わせです。知識と道具は手に入り易いですが、体力や経験は時間と辛抱強さが必要です。それだけに達成感も格別ですね。

f:id:katomoji:20160125163830j:plain

加藤と一緒に山を歩く登山企画はこちら。その一部をご紹介します。

2016年02月13日(土)に三峰山に行きます。ご一緒しませんか。

2016年03月12日(土) ~ 03月13日(日) 1泊2日で世界遺産高野山の宿坊に宿泊し高野山を歩きます。これからがシーズンが始まる魅力な残雪期の雪山計画を一緒に考えましょう。