読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

大量降雪

★旭立太 気象 登山情報

f:id:asahiryuta:20160119163409j:plain

1/17日の乗鞍岳の写真です。この日は徐々に南から低気圧の接近により高層雲に覆われ天気は下り坂の予報でしたが行動する時間帯は時折薄日が差し、天候の崩れもなく楽しいBCガイドを行う事ができました。

f:id:asahiryuta:20160119164649j:plain

雪もアルパインエリアのビックバーンを滑るなら今でしょ!といった安定したコンディションでしたが、いまや状況は一変。

北アルプスや白山山域は現在はとても危険な雪崩コンディションです。

月曜は強い南岸低気圧通過により関東の平野部や山梨等でまとまった降雪がありました。白山山域では東京都心部で雪だった同日、標高1000mあたりより下は雨でしたが、その後冬型の気圧配置となり現在ではまとまった降雪となっています。

f:id:asahiryuta:20160119165236j:plain

f:id:asahiryuta:20160119165251j:plain

岐阜高鷲のスキー場エリア内でも、身長180cmの私でもつぼ足で太腿以上の高さまで貫入する雪の深さ。管理エリア外では点発生雪崩が多数見られました。一晩で場所によっては100cm近く積もっています。

ついに待望のまとまった降雪!ですが急や強いという気象現象は積雪を不安定にさせます。この降雪は週末まで続き、また土曜から日曜にかけてさらにまとまった降雪の予報がでています。

週末、登山、バックカントリースキー・スノーボードをされる方は計画変更も視野にいれ、また活動する際はそういった事に十分留意し、ルート取りを考えて山で行動してください。

とはいえ…久々のパウダースノーに胸が高鳴る私でした。