読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

島の山 VOL.01 「瀬戸内の山 小豆島の星ヶ城山」

★加藤智二 山の楽しみ 山の地質学

今さらですが、日本の国土領土は全てが島から成り立っています。沖縄本島、九州、四国、本州、北海道の五つ以外は6847の離島という区分らしいです。

さてと、朝、布団から抜け出すのがちょっとばかり億劫になっていませんか。12月に入って山歩きの出番が減った方へのお誘いです!

f:id:katomoji:20151209105847j:plain

写真中央にふっくらと見えるのが小豆島最高峰「星ヶ城山」です。左に大きく緩やかに下ったあたり、岩肌がたくさん見えるのは有名な「寒霞渓」です。右端には「千羽ヶ嶽」ここにはクライミングルートがある「親指嶽」があります。島のバスに揺られていると親切な運転手さんが解説してくれるほどですから見逃さないでくださいね。爪先に立ち絶景を楽しみたくなったら?さあ、クライミングを始めましょう!

あれは左手の親指かな?

f:id:katomoji:20151209110811j:plain

今回はのんびり歩く、そう、登山道というより遊歩道といっていいかもしれません。雪山はまだちょっと・・・という、出不精になった方が、小豆島の名物と絶景を一緒に楽しめる山歩きをご案内です。猪谷バス停で下車すると猪谷池のほとりからはこんな景色が飛び込んできます。

f:id:katomoji:20151209111253j:plain

石門洞へ向って歩きだし、稜線のロープウェイ駅を目指します。裏八景の道にある八つの名前が付けられた奇岩を楽しみながら歩きましょう。マッターホルンみたいな奇岩がありました!四国八十八か所霊場巡りの歴史ある場所ですから、この岩は「二見岩」と名が付いているようです。伊勢の二見ヶ浦の岩に似ているとのこと。写真を撮りながら一時間強。

f:id:katomoji:20151209112008j:plain

星ヶ城山は西峰と東峰がありますが、その稜線は緩やかに結ばれかつての山城跡の遺構が点在しています。見晴らしの良い頂上からの展望を楽しんだ後は一旦はロープウェイ駅まで下ります。ここまで昼食挟んでも2時間弱。

f:id:katomoji:20151209112431j:plain

ロープウェイに乗って空中から楽しむ観光客を横目に奇岩が乱立、蟻の門渡りのような絶景を左手に見ながら表十二景の道を下ります。のんびり1時間でロープウェイ駅に到着です。全部で4時間程の行程です。

登山だけなら日帰りも可能ですが、小豆島の見どころはまだまだたくさん!

四国八十八か所が無理でも、小豆島八十八か所はできるかも? そんな霊場のひとつ宝生院には樹齢1500年を越えるといわれる「真柏(シンパク)」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

f:id:katomoji:20151209113639j:plain

小豆島には醤油、つくだ煮、そうめん、オリーブなど伝統ある農産物、海の幸があります。映画「二十四の瞳」、昭和の香りがいっぱいの映画村もあります。大阪城の築城に運ばれた歴史ある石材の島でもあります。

f:id:katomoji:20151209113458j:plain

様々な山歩きのスタイルを受け入れてくれるフィールドが日本にはたくさんあります。雪が苦手な方は太平洋岸気候の低山や西南日本の山にも目を向けるのも良いですね。

一転して、

加藤と行く六甲山はウインター入りです。12/181/152/12  の各回、催行決定です。霧氷に出会えるかもしれません。六甲山中をへそ曲がりに歩くので、意外にハードかも!?お待ちしています。

加藤が同行する「雪山」

1/24 比良堂満ルンゼ 雪山教室・・・・近日中にアップ予定

1/30-31 伯耆大山 催行決定

2/13 「雪山に馴れよう教室 in 霧氷の三峰山」・・・・近日中にアップ予定

2/14 比良 武奈ヶ岳 お待ちしています。

2/20 (土)「氷ノ山 雪山教室」・・・・・近日中にアップ予定

3/12-13 「新春の山 世界遺産 宿坊に泊まって高野山」・・・・近日中にアップ予定

国立登山研修所友の会のホームページをリニューアルしました。以前のページリンクが切れている場合は、再度トップページから文献をお探しください。登山に役立つ情報がたくさんあります。