読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

山のぼりで出会う自然学 VOL.01 「立山 氷河の山」

真夏の暑さが厳しくなりました。先日の日曜日に国立登山研修所友の会25周年記念行事で立山室堂に行ってきました。室堂山から見る大日岳の連なりの手前にある天狗平山荘付近まで氷河が発達していたということです。真ん中に室堂ターミナル。左下方の台地状が天狗平です。 

f:id:katomoji:20150715123459j:plain

想像していたより残雪が多く残っていたのが少し驚きでした。一冬に大量に積もった雪が急速に融けてしまうの日本の山岳の驚異的なところですが、今から一万年前、二万年前、三万年前そして更に七万年前と繰り返し氷河が日本の山岳を覆った痕跡がここ立山室堂で見ることができます。室堂から見た立山ですが、カールとモレーンがどのあたりかわかりますか?

f:id:katomoji:20150715123337j:plain

立山雄山には天然記念物である山崎カールがありますが、そこにも数度にわたる氷河拡大時に堆積されたモレーンと呼ばれる岩塊の高まりを遠目にも確認することができます。ハイマツに覆われたふくらみがそのモレーンです。

f:id:katomoji:20150715125211j:plain

こんな感じらしいですが、詳細は立山カルデラ博物館にお聞きになると良いかと思います。

室堂山に登る登山道には「玉殿溶岩」と深成岩である花崗岩が隣り合った状態で見ることができます。

f:id:katomoji:20150715125627j:plain

中腹には氷河によってけづられた「羊背岩」があります。

f:id:katomoji:20150715125737j:plain

溶岩の流れによってできた縞々とは違った角度で氷河の底で削られた窪みが観察できます。ちょうどスマートフォンの長辺に沿った窪みです。わかりますか?

f:id:katomoji:20150715130039j:plain

岩と雪の殿堂「剣岳」と3000mの立山には現存する氷河と認定された三つの氷河(御前沢雪渓、三ノ窓雪渓、小窓雪渓)があります。今回は氷河に注目してみました。

 

お知らせ
今年の夏、白馬で遊ぼう!白馬マウントフェスタ8/8~9

2015/8/5~8 加藤と一緒に 朝日岳から白馬岳を歩きましょう
8/:蓮華温泉泊 8/6:蓮華温泉~朝日岳、朝日小屋泊 8/7:朝日小屋~白馬岳~白馬山荘 8/8:白馬山荘~大雪渓~猿倉~白馬イベント会場

2015/8/6~8 荻野ガイドと行く白馬鑓温泉から白馬三山を歩く企画です。

2015/8/6~8 田中ガイドと行く栂池から白馬岳を歩く企画です