好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

「雪は天から送られた手紙である」 中谷宇吉郎生誕113年とか

梅雨末期、各地では不安定な天気が続きます。山に行けないときは本を読んだり、博物館に行って知識を増やすのも楽しいものです。インターネットで平板なディスプレィで知った気になるより、刺激になります。

北陸方面へ登山に行ったら、時間を作って片山津インターで降りて「雪の科学館」へ立ち寄ってみませんか。

私は依然、栃木県古河市を訪れた折、町の中のマンホールや街中のそこかしこに「雪の図案」が見られるのに興味がわき調べた話は依然ご紹介いたしました。「雪華図説と土井利位

雪に関する新旧の書物を古書店で探し、『冬の華』 『続 冬の華』 『雪雑記』 などを手に入れ読んでみました。なんといっても有名な言葉は「雪は天から送られた手紙である」です。登山と雪とは切り離すことができない密接な関係があります。ダイヤモンドダスト、吹雪、雪庇、雪渓、スキー、雪崩など日本は世界にまれにみる「多雪地域」です。

R0010236.JPG R0010237.JPG R0010238.JPG

この夏、暑い暑いというばかりではなく、冬に向けて雪に関する知識を増やしてみませんか。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、鉱物、水滴、自然、花、地質、鉱物などを載せています。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。