読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

道具について-トレッキングポール・革手袋

装備について ★山下勝弘

トレッキングポール

今回の新穂高〜西穂高岳〜奥穂高岳〜白出沢〜新穂高にて、お客様のポールが1本折れました。

トレッキングポールは主にアルミ合金シャフトとカーボンシャフトがあります。

この二つを比較しての話ですが前者は安い・重い、後者は高い・軽い・折れやすい

折れたのはやはり超軽量で細いカーボン製で、岩の間に挟みてこ作用がかかって折れました。

トレッキングポールは消耗品で折れるものです。私も今まで3-4本折って、曲げています。

たまに登山道に折れたポールが落ちています(持って帰りましょうね)。

折れた部分は購入可能な時もあるので、お店に持って行って相談して下さい。

 

革手袋

秋〜秋の岩稜歩きや雪渓時はクライミング向けの皮手袋が有効です。手の保護と岩、トレッキングポール、ピッケルをもった時の感触(ナイロ製や毛製より)がいいです。ただ水に濡れると冷え、生地が固くなりいまいちとなります。

クライミング用は指や手の平部分が補強されています!

40120911a.jpg

私が使っている装備の一部(左上から時計周り)(

薄いナイロン製手袋、、BDウルトラマウンテン(アルミ合金シャフト)、BDウルトラディスタンス(カーボンシャフト)、

BDクラッググローブ(合皮手袋)、BDトランジッションロックグローブ(革手袋)