読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

冬の水分補給と水筒について

●冬の水分補給の注意点 ①凍らせないこと。ペットボトルでは気温が低いと凍ってしまいます。ハイドレーションは、凍らないようにホースにカバーを付ける対策も必要です。(自分は細かいギアトラブルが嫌なので冬はハイドレーションを積極的に使いません。)サ…

ヘッドランプに必要な明るさと機能 冬山準備編 おまけ VOL.04

冬山限定の登山装備ではありませんが、今回はヘッドランプの明るさと機能に関してです。どのくらいの明るさが必要なのですか?このような質問をよくいただきます。 ズバリ言って、明るさは100ルーメン以上で、年齢が高くなって目の力が弱まった方は値段が高…

フリースのお話

軽量ながら保湿性があり、速乾性があるミドルレイヤーの定番フリース。一言でフリースと言っても様々な物があるのを知っていますか?フリース(fleece)とは、ポリエチレンテレフタラート(PET、ポリエステルの一種)で作られた柔らかい起毛仕上げの繊維素材。…

ストーブ

2015年冬からSOTOのストーブを使用しています。 主に使用した2機種と、そのシチュエーション例を記載しますのでこれからストーブを買う方のご参考になればと思います。 風に強く寒さに強いストーブ マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター ※上の写…

ピッケルを選ぶ 長く使える最初の一本 冬山準備編 VOL.01

抜けるような青い空に白く輝く山に行くにはどんな装備が必要なのでしょうか。標高の低い山々の紅葉を楽しみながら、素晴らしい雪山に行くための雪山装備を準備しましょう。 初めて購入する雪山入門者から、雪山キャリアが長いベテランまで最も出番が多く使い…

GPS

スマートフォンのアプリケーションとハンディGPS どちらがいいの?と聞かれますが、私の感じでは ■ スマートフォン長所 画面が大きく見やすい。 電波が入らなてもGPSとして使える。 海外(海外アプリが必要です)でも使用できる。(今回カナダでルート探しで…

ウェアラブルカメラ

youtu.be PanasonicのウェアラブルカメラHX-A1Hを モニター使用をさせて頂く事になりました。 以前のウェアラブルカメラはレンズと録画機本体が ケーブルで繋がれた形状で、正直に言えばそれほど魅力がなかったのですが、 HX-A1H はそのような欠点はなくなり…

北米ガス事情

6月後半から7月は主にクラッククライミング講習を行ってまして、7月はカナダバンクーバー近くのスコーミッシュという岩場へ行ってきました。 現地ではテント生活です。ここ数年北米もやっとガス缶が入手しやすくなりました。実はガスコンロは日本が一番充実…

私の山道具 VOL.01 「シュラフ」

夏山向けにシュラフを新調しました。きっかけは北海道大雪山縦走に行くにあたり最新のシュラフを試したくなったためです。 夏用とはいえ北アルプスや北海道の稜線でのテント泊を想定すれば、300g~400g程度あれば良いかと。まずは収納サイズを店頭チェック…

多機能ナイフ

これからのシーズン、アルプスでの登山やキャンプの楽しいシーズンですね。 怪我をしたり道具が壊れたりと予想外な出来事が起こりうるアウトドアでは、多機能ナイフが非常に有効です。 多機能ナイフを選ぶ基準は 1.必要十分な機能を備えていること2.シンプル…

わかん

雪山はラッセルがつきものです。 つらい作業ですが、やり遂げた充実感はあります。 ちなみラッセルは日本語です。英語はTRAIL BREAK。 そこで必携道具、日本特有の優れモノ わかん。 写真左は芦峅わかん。右はアルミわかんです。 違いは ・芦峅わかんの方が…

テルモス

これから時期は大活躍。沢山溜まってしまいました。 左から ・300ml(赤):会議用 ・300ml(青):車運転時用 ・500ml(茶):今冬デビュー用 ・ネオプレーンケース(500ml用 掴みやすく、保温力アップ、衝撃を防ぎます) ・500ml (シルバー):冬の行動時…

ソフトシェルジャケットはいつ使う?

日本には四季があり、九州沖縄地方から北海道まで南北に長い弧を描くの国土です。何しろ、晴れた冬に八ヶ岳のテッペンから見回せば、さすがに日本海や太平洋は見えませんが、北アルプス北部の白馬岳から富士山までが見え、列島の最も太っちょの部分でもなん…

冬の頼もしい相棒、目出帽

低気圧が日本列島を通り過ぎ、三陸沖に位置する気圧配置を「西高東低の冬型」と言います。過日の台風18号と19号も秋を迎えたアルプスの紅葉を吹き飛ばした後、新雪をもたらしました。 表示 気象人様より 等高線が縦になり、寒気が流入しやすくなってきていま…

冬支度 手袋の選び方と組合せ その1

天候不純の八月のあと、晴れる日の多かった9月、台風など低気圧と高気圧が繰り返し訪れる季節となりました。山のぼりの冬支度は進んでいますか。短い秋が過ぎると新雪が落ち葉を隠しだします。 表示 10月に入ると低気圧の通過後には一時的に冬型の気圧配…

夏の終わり

ヨーロッパアルプスでは2000m〜3000mまで一気にロープウエイ等でアプローチできるので、より高い山が楽しめます。 ここはロープウエイで一気に富士山の高さ以上まで。 また上は白い雪山、降りると緑豊かな街と、この変化にも癒されます。 丁度日本でいうとGW…

ちょっと聞きたい Vol.01 「トレッキングポール」

トレッキングポールを持つ機会が増えました。足元が不安定な時にバランスを保ち転倒を予防したり、登るときや下るときに筋肉の働きを助け、膝への衝撃を軽減させます。 時々、いただくご質問を紹介します。 先端のゴムキャップはトレッキングポール先端の金…

沢登りのオススメ品 vol.2

3連休 みなさんはどちらの山へお出かけでしたか? 私は大峰や台高にお沢登りでした さて今回も沢登りのオススメ品ということで まずは実際によく使うのはポイズンリムーバー ブヨに刺されることは、ヒルに血を吸われるよりも確率が高い印象です 刺されたら…

沢登りのオススメ品 vol.1

沢登りシーズン楽しんでおられますかー バリエーション登山となる沢登りは 冒険の連続です そこで必携の道具をチラホラ紹介していきます まずはザックですね 登山用のザックでももちろんいいわけですが 泳ぎなどのある沢ではザック内に水がたまって 排水しな…

テントが活躍する時 vol.1

室内で勉強する子供たちを野外に連れ出したい! 図書館の熱意ある想いから始まった 野外図書館イベント。 ちょっとスリルあるハイキングやクラフト作成などで盛り上がる とーても豊かになれるイベントなのです。 しかし難しいのは子供たちをコントロールする…

ナイロン製とダイニーマ製、素材の特性を理解しよう。

店頭で入手できるクライミングで使う用具は全てUIAA基準に適合したもので、正しい使い方をすることで、クライミングの安全性が高まります。ナイロン(ポリアミド)製とダイニーマ(スペクトラ)製の素材特性を知って、自分なりの使うルールを決めてほしいと…

暑さに体を慣らしていこう! 山の健康管理 Vol.01 「水分補給」

ゴールデンウィークは終わりました!先日、奈良の山すそに行ってみると、なんと蝉が鳴いていました。ハルゼミだと思いますが、暑い夏の記憶を呼び覚まさせられました。 表示 夏、氷ノ山 さあ、若葉が素敵な時期は意外に短く、これからの5ヶ月間は夏日、真夏…

登山靴の使い分け

ゴールデンウィーク前半は大峰南奥駈ガイドでした。 十数キロを背負って10時間も歩く縦走路 初めての長期縦走で足が痛くなった参加者が 縦走にはどのような靴が向いているのかと、、、 ある方は岩稜や雪稜好みですので堅めの靴を一足を使用 ある方は歩き重…

メンテナンス! トレッキングポール編

長時間歩く登山では自分の体力を下山まで持たせたいと誰もが思っています。筋力の消耗を減らし下山に備えたい、膝への衝撃を小さくしたい、そんな時、トレッキングポールを上手に使ってもらいたいのです。今回は私の持っているものと同じ機構のタイプを紹介…

バスケットと収納袋

好日山荘のWEBは充実してます。 そんな中で「おとな女子登山部」は読みやすいですが、「ガイドコラム」は少し堅いですね。 なんで少しソフトに書いてみましょう トレッキングポールのバスケット 大きく2種類に分けられます。 ・トレッキングバスケット(左):…

登山靴の寿命

登山靴の基本性能は私たちの「ひ弱な足」を外傷や低温などから守ることにあります。 登山道には土、泥、砂、砂利、岩、雪、氷があります。多くはそれらが混在し様々に変化するのが普通です。代表的なのがビブラム社製ソールで多くの登山靴メーカーに採用され…

縦走用ピッケル / アックス のリーシュの付け方

この時期、ピッケルを持って雪の山々に出かける機会も多いかと思います。ピッケルの各部の名称をおさらいしておきましょう。私たちが馴染んでいるピッケルという呼称はドイツ語由来の「Eispickel」からきていますが、最近では英語の「ice axe」=アイスアッ…

伯耆大山で見つけた霰層

1/21-22 に好日山荘若手社員向けに伯耆大山で雪山研修を実施しました。 今年の大山は積雪が多く、積雪の下層にはビーズのような霰の弱層が残っていました。 ツボ足、アイゼン歩行、ワカン歩行、スノーシューと雪深い様々な斜面を各自体験してきました。トレ…

初冬の様子

中央アルプスでは2000mあたりより腰から胸にかけてのラッセル 雪多いですねー 南アルプスでも稜線上の雪の多さを見て取れます 仲間とこの北岳クライミングを目指していたものの 悪天と雪崩を警戒し中止に 新潟は山スキーで有名なかぐらスキー場上部でバ…

アイゼン=クランポン 種類の違いを調べてみよう!

冬山用品を購入する時期ですね。好日山荘冬山セールのダイレクトメールはお手元に届きましたか。まだの方はホームページもご確認ください。 店頭に行くと様々な種類の雪山用品があります。初心者の方にとって普段の登山ハイキングで出番が少ないもののひとつ…

フライパンって便利だなぁ。

今更ながらの感はありますが、フライパンって便利なものです。 目玉焼きを焼くもよし 肉を焼くもよし 色んなメーカーから出ていますが、これはイワタニプリムスの物で、ノンスティックコーティングが施してあるので焦げ付きにくく少ない油で調理が可能です。…

まるで布団

キャンプして来ました。 今回使用したエアマットはEXPEDのDoun Mat UL7 S(163cm)です。 R値はなんと5.9 寝心地はまるで布団。冷気を全く感じずに寝ることができました。 快適な睡眠を確保してくれたおかげで、翌日に疲れが残らないで元気に活動す…

秋山その1

錫杖岳でクライミングしてきましたが、10月なのに夏のような日でした。 10/8の槍ヶ岳 錫杖岳 南峰のピッケル 週末からは平年並の気温になりそうです。 7月~10月初まで3000m級の稜線を歩く時は革手袋を使います。手の保護と防寒です。 革手袋はクライミング…

日が短い季節、ヘッドランプについて

先日、素晴らしい満月を見ることが出来ました。 拡大表示 ヘッドランプ、の私流使い方:をご紹介します。 まず、電源を入れてから弱い光に変更します。私たち動物の目は慣らすことで、少ない光でも見ることが可能になります。明るさに応じて瞳孔径が変化する…

日帰り登山の装備

福井県と石川県の県境にある赤兎山(1629m)に行って来ました。 表示 お天気も快晴で、白山もばっちり。 表示 今回の装備を紹介します。 左から・・・ ・レインウエア ・キャップ ・行動食 ・地図とコンパス ・虫よけスプレー ・エマージェンシービィビィ …

ダウン製品の出番が近づいて

先日、日本国内に製造拠点を持つ 株式会社 ナンガ の専門家から、ダウンに関して教えていただいたことがあるので皆様にもお伝えしようと思います。 私たちが登山で良く使うのシュラフ と ダウンジャケットだと思います。長く使っていて気になるのは、買った…

便利小物

ヘッドランプを携行する時、私は専用のケースを使っています。 写真:予備の電池も収納可能。 写真:収まり良好。コンパクト。 このケースに入れておけば、ザックの中で勝手にスイッチが入ってしまうこともなく。 替えの電池をごそごそ探す必要もなく。 衝撃…

夏山も終盤!

暑い暑いとうだるような毎日が続く下界ですが、標高の高い山々では夏の花も終わりに近づき、見上げる空の巻雲に秋は確実に近付いているのを感じます。北部東北や北海道にある前線は秋雨前線です! 拡大表示 私たちは住む地表にいると気づきにくいのですが、…

優れモノ

先日キャンプをしていたら、ブヨ(ブユ)に刺されてしまいました 私、ブヨ(ブユ)に刺されると3週間くらいかゆいです。 そんな時におすすめなのがポイズンリムーバー 写真:ポイズンリムーバーで毒液を吸い取る。 毒を持った虫に刺されたら、出来るだけ早…

山下ガイドが松本パルコ店で机上講座を行いました。

長野にお住いの国際ガイド、山下勝弘ガイドによる机上講座が昨日5/24 好日山荘松本パルコ店で開催されました。これからテント泊の山行を考えている方や興味をもっている方がお越しになりました。 テント泊とキャンプ講座 次回の講座は 6/14(金)の開催です…

道具について ー マット

雪上での幕営生活ができると行ける山の範囲が広がります。 しかし真冬は寒さが厳しいので、これからの春から始めるのもいいと思います。 幕営の手順は (1)設置場所を決める 増水、風、雪崩、落石のない場所で平らな場所を探す (2)整地する 設置面を下に掘り…

道具が喜ぶ時 vol.6

2月上旬 八ヶ岳 ジョウゴ沢 日本登山医学会研修にて吹雪の中のアイスクライミングや懸垂下降 つかぬまの休憩時にはここでみなツェルトを被って風を切り保温を していました。 さてここで、今回は冬山での強い風に対して身を守るためのお喜び道具を ご紹介! …

ダウンジャケットは持っていきますか。

コンパクトに収納できるダウンジャケットは年間通じて重要な装備ですが、特に寒い時期は出番も多く休憩時や運動負荷が小さい時にはありがたいものです。コンパクトに収納できるダウンジャケットはたくさんあります。 ダウンジャケットのページはこちら! フ…

アイゼン・クランポンのフィット感

好日山荘社員雪山研修を 1/30~31 八ヶ岳で行いました。 みんな楽しそうですね。 研修の一部ですがご紹介します。アイゼンの装着感に関してです。アイゼンは登山靴との相性、登山のタイプによってできれば使い分けるのが良いでしょう。 前後とも樹脂ハーネス…

第3弾 わかん・スノーシューについて

まず私の道具を 左上:アルミわかん 左下:芦峅わかん(竹製。形状が丸に近いです。) 右:MSRスノーシュー(今のEVOの前のタイプに近い) お互いを比べてみると ●わかん 長所: ・軽量、コンパクト ・急斜面でも登行可能。アイゼンを付けることもできる。 短所 …

スノーシューで山を楽しもう!

今の季節、日本の山々には雪が降り続いています。3000m級の山々は容易に私たちが容易に近づけない厳しさがありますが、1000m級の山々ならしっかりとした装備で日帰り登山が可能です。 スノーシューを使ってブナやミズナラの林を歩くスノーハイクは楽しいも…

厳冬期 雪山

西穂高岳は西穂山荘があるので、雪山入門編としてよく取り上げられますが初心者の方は丸山までです。 そこから先は、「強い風・すべる岩・岳沢側に張り出した雪庇」に注意しながらの登行となります。 春になると今度は雪が締まり滑落の危険性がより高まりま…

道具が喜ぶ時 vol.5

1月上旬 伯耆大山(島田ガイド事務所 グループオーダープラン) お正月明けに積もった雪を利用し 大山の中腹にて雪洞泊。 こんな時に役立つお喜び道具は!? スノーシュー (軽い積もり立ての雪上歩行に) ショベル、スノーソー (雪洞作成の必須アイテム)…

使ってみました! VOL.6 ポーラテック®パワードライ®

バーグハウス社が出している「SMOULDER HOODY JACKET (スモールダーフーディージャケット)」を最近使っているのですが、これが中々の優れモノなのです。素材に ポーラテック®パワードライ® を使ったフルジップのフーディージャケットで現在、私のウェアの…

商品レビュー「GRIVEL(グリベル) エアーテック・ニューマチック(12本爪アイゼン) 」

12本爪アイゼンですが、前爪以外は全体的に短く、特に3番目の歯が短いです。 従って通常の歩行時には主に10本の爪が有効になり、トラバース時には12本の爪(3本目の爪)がきくように設計されています。 歯が短いということは、岩・深雪・ブッシュが多い箇所に…