好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

装備について

レイヤリングその①

昨夜は、名古屋マウントラボにて机上講座『シーズン直前!夏山縦走の為の装備とレイヤリング』と題してお話をさせていただきました。台風通過中、足元の悪い中でのご参加ありがとうございました。 講座の中ではレイヤリングについて特に関心を持たれている方…

地図と天気とお気に入りギア

好日山荘登山教室「山歩きの地図と天気の知識を学ぶin春日井三山(弥勒山・大谷山・道樹山)」のガイドを担当させていただきました。 地図読みはもちろんの事、今回は同行してくれた気象予報士でもある好日山荘スタッフ石井氏のお天気解説。予報と当日の状況…

季節の変わり目Vol.1

3月下旬になりました。年度末で忙しい方も多いと思います。お疲れさまです!いよいよ来週から4月。街では桜の開花が始まり、花見や入学のシーズンですね。 標高の高い山でも徐々に気象が穏やかになって来ます。朝夕は肌寒いが、日中は日差しが強く暑く感じ…

雪山を快適に  「アイゼン団子は要りません!」

靴底に付着した雪の塊。転倒スリップ、そして滑落!そんな危険を招くサインです。ピッケルなどで叩き落さなければいけません。 雪山登山で必ず持っていく装備にアイゼン、最近ではクランポンという方も増えてきました。雪は地表に詰まった直後の空気をたくさ…

ミニアバランチナイト

旭です。今年の初投稿となりますが「今年もよろしくお願いいたします。」 この週末はストームで全国的に沢山の降雪がありましたね。本来雪の多いエリアであればこの大量降雪も問題ないのですが、普段雪のないエリアの降雪となると色々と生活に支障が出てしま…

中央アルプス空木岳

冬山モードに入りました 中央アルプス空木岳 夏の林道は閉鎖されているので 底から登ってテント1泊2日です ↑こんな感じで50リットルに満載です ↑地獄の難所は特にトラバース箇所雪崩要注意! ↑グイグイ登って初日は+1600mで疲れます ↑翌日は頂上ピストン+-300…

温かい飲み物を飲む 保温ボトルを選ぶ 冬山準備編 VOL.07 「テルモス」

年末が近づいてきました。雪山に出かける準備も進んでいる頃かと思います。体を動かすエネルギーは食べ物から! そして、体温が身体から逃げるのを抑えるのが防寒着と防風着ですね。 寒さ厳しい行動中、身体を温めるのに有効なのが温かい飲み物を飲むことで…

氷河研修

カナダに来ています。 目的の主はAJSG(日本バックカントリースキーガイド協会)有志による氷河研修に参加する為です。場所はロジャースパス周辺で行なわれました。 ロジャースパスはグレイシャー国立公園内にあり、セルカーク山脈を越える峠。グレイシャー…

これからの時期のレイヤリング

あちこちで雪の便りが届き、いよいよ冬山シーズンが始まります。 夏山よりもはるかに厳しい環境になる冬山に挑むためには、万全のレイヤリングが不可欠になります。 そこで今回は私が普段着用しているレイヤリングを山域(標高)別で紹介したいと思います。 1.…

冬のハイキングと雪山 アイゼンを選ぶ その1 冬山準備編 VOL.06

12月になります。冬に出かける山には雪深い樹林帯と雪稜、その先に雪煙巻き凍てつき、凜と続く頂稜。そんな雪山をめざすなら、冬期雪山用登山靴と12本爪のアイゼン(クランポン)が絶対必要です。下の写真は正月の燕山荘からの槍穂高 太平洋側気候であったり…

凍傷にならない 手袋の種類と選び方 冬山準備編 VOL.05

手先が冷たく感じる気候になりました。冬山・雪山で最も気を使う装備のひとつ、手袋のお話です。森林限界を越えなくても積雪によって樹木が隠れてしまう雪山では冷たい風が吹き抜けます。このような環境の山に出かける時、私は次の点に気をつけ手袋を使うよ…

◯◯AWARDって一体??

先日、好日山荘でも取り扱うバーグハウスの「EXTREM 8000 PROJACKET」が「ISPO MUNICH 2016」GOLD受賞をいたしました。 ISPOでのGOLD受賞の際に絶賛された、バーグハウス独自の新技術「Xpanse Technology」をフード、背面、あご部に搭載。加えて、高い通気性…

ヘッドランプに必要な明るさと機能 冬山準備編 おまけ VOL.04

冬山限定の登山装備ではありませんが、今回はヘッドランプの明るさと機能に関してです。どのくらいの明るさが必要なのですか?このような質問をよくいただきます。 ズバリ言って、明るさは100ルーメン以上で、年齢が高くなって目の力が弱まった方は値段が高…

ストーブ

2015年冬からSOTOのストーブを使用しています。 主に使用した2機種と、そのシチュエーション例を記載しますのでこれからストーブを買う方のご参考になればと思います。 風に強く寒さに強いストーブ マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター ※上の写…

保温性に優れた登山靴を選ぶ 冬山準備編 VOL.03

冬、凍った登山道や雪の中を登るには保温性に優れた登山靴が必要になります。ご存知の通り私たちは平熱に近い体温で最も快適に活動することができます。最も重要な部位である頭部と体幹から離れた手先や足先はもっともはやく体温が失われてしまう部位です。 …

汗濡れに強いアンダーウェアを選ぶ 冬山準備編 VOL.02

いくら暖冬であるといっても、山の頂にうっすらと雪が付き出す季節です。秋山から冬山、来月11月「文化の日」の連休はどちらにお出かけでしょうか。ダケカンバの葉は散り、山肌に白い樹皮を目立たせると雪が舞い始めますね。 寒さ対策のベースは何と言っても…

私の登山靴

最近、秋にしては暖かい日が続きましたが北アルプスの山小屋営業も徐々に終了し、標高の高い山では冬へと季節が移り変わっていきます。2016年無積雪期のアルプス登山シーズン、シチュエーション別に使った登山靴を紹介したいと思います。ガイド時だけでなく…

リカバリーウェアを試してみました

運動中に着てはいけない、休養時専用のリカバリーウェア『VENEX』を購入し、使用してみました。VENEXについて詳しくはコチラ http://www.kojitusanso.jp/pickup/venex/ どうなのかな〜と思い数年、興味はあったのに未だに購入はしていませんでした。まずはネ…

仙涯嶺

三連休は中央アルプス仙涯嶺(せんがいれい)へ 初日は買い出しをして登山口でテント泊 二日目は標高差1500m稼いで越百山直下でテント泊 ガイドは25K顧客は平均13K背負ってがんばります およそ7時間の行程 ↑風下の雪を削りテント設営 ↑ズッキーニを焼いてチー…

ホワイトアウト

雪山のホワイトアウトとは、雪や雲などによって視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象。 ホワイトアウト状態に陥ると、錯覚を起こしてしまい、雪と空が一続きに見え、どこが上なのか下なのか?距離感の識別も困難になります。 ホ…

契約ガイド同行 赤岳~阿弥陀岳縦走

冬山とは思えないほどの暖かさの中、赤岳から阿弥陀岳の縦走をしてきました。 1日目は美濃戸から南沢を登って行者小屋まで。登山道は雪があまり積もっておらず、所々氷が張っています。チェーンアイゼンがお勧めですね。 2日目は行者小屋~赤岳展望荘~赤岳…

アバランチギアの主役!ショベルが店頭に並びだしました。

強烈なエルニーニョがピークを迎えつつある今冬、積雪状況が異常ですね。夏の集中豪雨と同様、標高が高くある程度の低温となると山岳部で急激な豪雪ということもありそうです。長野県内のスキー場のオープン状況がニュースになりましたが、冬山、多雪山岳地…

目にまとわり付くあの虫は?

山の朝晩は随分冷え込む様になりましたね。イワイチョウ等の草紅葉が始まりナナカマドも場所により色づいてきました。9月14日に穂高では初氷となったようです。秋は日が昇るのが遅く日が暮れるのが早い、また1日の間に体感温度も差がありますのでレイヤリン…

メリノウールで快適に!

いよいよ秋山シーズンですね。これから大活躍するウールの特性をまとめてみました。 写真は好日山荘ライブラリーより。 1:ウール本来の特性として熱伝導率が低く、比熱が低いため、肌に触れるとすぐに温まり、熱を逃がしにくいです。 2:天然の防臭抗菌作…

雨対策 ザック編

秋雨前線活躍中です。 ザックのサイズと同じくらいの防水スタッフバックを用意します。 スタッフバッグは裏返しで使うと荷物の出し入れがスムーズになりますし。 このザックは45リットルくらい。スタッフバックは50リットルくらいかな。 (追記) スタッフバ…

私の山道具 VOL.02 「トレッキングポール」

三段折り畳み式トレッキングポールを新調しました!軽量コンパクトなのは勿論ですが、握り易さや長さ調整の素早さなど「ちょっと良いんじゃない!」とニヤッとする感じです。ヤマケイオンラインの「私の山道具」に私のお気に入りの点を紹介してみました。今…

心拍数を意識して山を歩いてみよう

のんびりとしたハイキングならば、標高差300mを1時間くらいで登れば十分でしょう。体力に余裕があれば、更に重たい荷物も担ぐことができますし、写真を撮るなど様々な点で余裕がある山歩きとなる事と思います。今年の夏山までに標高差400~450mを1時間くら…

オーバー手袋

3月になると雪も締まってきて、雪稜が楽しめる時期が始まります。 これは谷川岳東尾根。 太陽燦々で気持ちいいですが、日焼け対策が重要です。 気温が上がり濡れを考える時期になると 毛手袋+オーバー手袋の組み合わせがお勧めです。 濡れても早く乾き、予備…

冬服(パンツ編)

一般的な薄いタイツ+スボン+オーバーパンツ → 足が上がりにくくストレスたまります。また足首辺りがぶ厚くなります。 私はガイドの多くは 厚手のタイツ+オーバーパンツ(上図) です。上記問題が解消されます。 厚いタイツを持っていない場合はタイツ2枚重ね…

凍傷(低体温症)を防ごう

「凍傷はヒューマンエラーである。故に防げる」これは登山の大先輩である金田正樹ドクターの言葉です。年末に山に行く計画をされている方も多いかと思います。登山で必要な防寒対策は行動し易すさも大切ですね。 横殴りの風雪 身につける衣料に関して、下記…