好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

山の楽しみ

甲斐駒ケ岳が白く輝くのはなぜ?

百名山のひとつ甲斐駒ケ岳は白く輝く花崗岩と摩利支天を従えた独特の山容から人気がある山です。山頂から北西に連なる鋸岳の赤茶けた険しい稜線と対照的です。 仙丈ケ岳から 夏でも白く見えるのは今から1400万年前に冷えて固まった花崗岩からできているから…

秋ですねぇ。

四国の剣山に行って来ました。 見ノ越登山口に掲示されていた気温情報です 頂上は10℃と表示されていますが、風が強く吹きさらしのため、実際はもっともっと寒かったです。 Tシャツにアクティブシェル、薄手のインサレーションとグローブをしてちょうどいい…

全国の「〇〇三山」はいくつある?

六甲山にある落葉山・灰形山・湯槽谷山をまとめて「有馬三山」は身近な三山です。全国には61か所ほどの三山と名の付く山々があるそうです。 「出羽三山」 - 月山・湯殿山・羽黒山、 「上毛三山」 - 赤城山・榛名山・妙義山、 「日光三山」 - 男体山・女峰山…

山で出会った生きものたち

八月ももうすぐ終わりになります。天候が落ち着かず、雨に翻弄された登山となった方も多かったかと思います。例年に比べて蝉の鳴き声は早めに終息に向かっているような気がします。 山歩きの良いところは様々な生き物に出会えるところです。今回は短い夏を精…

私の好きな山。(この夏)行きたい山。Vol. 07 「甲斐駒ヶ岳」

夏の思い付きでシリーズ化の書き出したのですが、日本には四季があり、私のコラムがそれに追い付かないことに気が付きました。ということでお題に (この夏) を括弧を付けさせていただきました。 南アルプス北部に位置する甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳は北沢峠から…

干支の山 駒ヶ岳

十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥、 「ね・うし・とら・う・たつ・み・うし・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」との12種類で、今さらですが、今年の干支は「午・馬 うま」です。夏山も終盤となりましたが、今年はどの駒ケ岳に登りまし…

奥秩父のハイマツ帯

一昨日、長野県川上村、小川山の麓にある廻り目平から金峰山に登り、朝日岳、大弛峠を歩いてきました。 表示 レタス畑の向こうになだらかな金峰山(右)と朝日岳(左) 金峰山といえば五丈岩が何といっても有名ですが、廻り目平から西俣沢沿いに歩き、沢の丸…

夏(まで)に覚える高山植物 Vol.09 「ハクサンイチゲ」

高山を歩いて最もよく目につく白い花のひとつではないでしょうか。同じキンポウゲ科の北岳頂上付近だけに分布するキタダケソウや、北海道日高山地に分布するヒダカソウに比べると分布は広い範囲です。 表示 目立つ白い花弁のように見えるのは萼片です。目立…

夏(まで)に覚える高山植物 Vol.08  「白い花たち」

今日から8月!うだるような下界から憧れの山々への計画を練っている方も多いかと思います。もう行ってきたよ!という方、樹林の登山道、その片隅に咲く小さい白い花にお気づきなりましたか。地味な花達ですが、よく見ると清楚なのでご紹介します。 ゴゼンタ…

夏の夜空を見上げてみよう!

2010/6/10に第一号を書いてから、2014/7/31の今日、ガイドコラム300号となりました。 山歩きは「早出、早着」が基本ですが、夕食後、トイレに行って夜空を見上げると満点の星空!!ということもあります。私は視力が弱く眼鏡で矯正しているので、星がくっき…

私の好きな山。この夏行きたい山。Vol. 06 「塩見岳」

南アルプスは赤石山脈ともいい、遠くから山々が赤く見えるからだとか。実際に稜線には赤いチャートの露岩が多くあり、なるほど!と思います。南アルプスには多くの3000m峰がありますが、この塩見岳は兜(かぶと)にも似たドーム形の独特な山容で、どっし…

夏までに覚える高山植物 Vol.06 「ミヤマアズマギク」

山登りを始めた頃、高山植物の名前がわからず、キク科ですね。などと誤魔化すことも多かったような気がします。高山植物は黄色、白色、紫色と賑やかなのですが、森林限界を超えた砂礫地に艶やかなミヤマアズマギクを見つけたときのことが今でも忘れることが…

夏までに覚える高山植物 Vol.05 「ミヤマクワガタ」

小ぶりのムラサキのストライプとおしべとめしべに特徴がある花です。名前の由来が戦国武将の被る兜の くわがた からきています。 表示 白馬岳稜線にて 北アルプスの岩礫だらけの稜線を歩くとき出会う花の中では小さい方です。幹が直立して花は横向きに10数個…

四季装いが美しい白馬の里

大糸線白馬駅から八方に向かう幹線に 7/18 に好日山荘がオープンします。ご近所にはパタゴニアがあるので楽しみです。白馬店のオープンに合わせて「白馬に行こう」キャンペーンを実施します。7/22 までは全国の好日山荘店舗でのお買物レシートであたる「90周…

ナイトハイクのススメ

7月に入り暑くなってきました さてみなさんはどこを登りにいかれるでしょうか? アルプス登山を予定されている方も多いと思いますが なかなか時間がとれない方! トレーニング山行をしたい方! におススメなのがナイトハイク! 少し涼しくなってきた夕方に…

登山中に見つけてみたい岩石 Vol.02 「石灰岩」

さあ、もうすぐ7月!長い休みで夏山を計画するなら南アルプス南部にある塩見岳はいかがですか。今回は塩見岳登山口のひとつ、豊口ルートで出会うことができる「石灰岩」のお話です。 表示 駐車場からしばらく林道歩きですが、道路上には白い岩石が散らばって…

山の健康管理 Vol.03「水分補給」

最近、丹沢を登り、下山途中に体調を崩され登山道に倒れている単独登山者に遭遇しました。 表示 ヘリ搬送 登山は個人個人の体力に応じて楽しむことができます。公益社団法人日本山岳ガイド協会が毎年各地で開催する「百万人の山と自然 安全のための知識と技…

登山で出会った巨木 Vol.01 「石徹白の大杉」

白山信仰の登山口のひとつに石徹白というところがあります。イトシロ と読みます。ここに白山中居神社が杉の巨木に囲まれて静かに佇んでいます。 表示 日本書紀に書かれている「磐境」、イワサカ と読みますが、これは社のまだなかった時代に神が鎮座ましめ…

夏までに覚える高山植物 Vol.04「ミヤマオダマキ」

北アルプス稜線で雨上がりに出会ったキンポウゲ科オダマキ属の高山植物のミヤマオダマキです。オダマキを漢字で書くと「苧環」となります。機織りの時に使う麻糸を巻いて中が空洞になったものに、この花の形が似ているところからついた名前です。 表示 俯き…

夏までに覚える高山植物 Vol.03 「ウルップソウ」大雪山追加

6月26日に化雲岳の湿原木道ではホソバウルップソウが花を咲かせ始めていました。本州北アルプス白馬岳のウルップそうに比べると確かに葉が細く、花苞の先端部分が細めに尖がっているようです。 エゾノハクサンイチゲと仲良く生えていました。 大雪山は緯度も…

夏までに覚える高山植物 Vol.02 「チングルマ」

北アルプスの山々を歩いていて目に入る白い花といえば、まず、チングルマをあげることができます。雪田や雪渓の周囲に群落をつくるので、シーズン初めからお盆くらいまで雪が消えるのに合わせて咲いていきます。花は太陽の動きに合わせて動き、ヒラタアブも…

四国の山 東赤石山と別子銅山

四国は中央構造線が東西に貫いており、愛媛県東部にある東赤石山は法皇山脈の最高峰です。鉄分が酸化され赤茶けた「かんらん岩」が剥き出しの荒々しい岩峰、その赤い岩山から名づけられました。 表示 2013/4 赤石山荘から 地質的には三波川変成帯に位置する…

夏までに覚える高山植物 Vol.01 「コマクサ」

高山植物の女王とまで呼ばれるコマクサは最も覚えやすい高山植物のひとつです。パセリのように細かく裂けていて粉をかぶったような白っぽいはが特徴です。自然保護意識が無かった時代、薬草として乱獲されたこともありました。 白馬岳稜線にて 大株。 コマク…

昆虫たちの飛翔

真夏の暑さがやってきた5月最終日の六甲山にある河原と草むらの中で昆虫たちを待ち構えてみました。 表示 高座の滝、その上流にはイノシシが闊歩する河原があります。普段であれば横目で見てサッサと通過してしまうところですが、今日は自分が石になった気で…

私の好きな山。 この夏行きたい山。Vol. 02 「白山」

可憐な高山植物がたくさん咲く夏の白山は余裕を持った予定をたてないと、花と風景に見とれ予定時間をオーバーしてしまう位、私の大好きな山です。7月まであとひと月ほど。今回は白山を紹介します。登山レポートはこちら。 山頂部から流れ出た溶岩はなだらか…

嘉門次小屋

上高地 明神池手前にある嘉門次小屋。 ここの囲炉裏と岩魚は最高です。自然と時間が過ぎていきます。

六甲山北面で イワカガミ を見つけました。

山上に道路が通る六甲山ですが、標高800mを超える山上はブナやイヌブナなどの冷温帯系の樹木も生えています。北面の小さな尾根を歩いて、林床をよく探すと雪のある山地では別に珍しくない「イワカガミ」を見つけました。 表示 登山道わきの林縁には今、チゴ…

私の好きな山。 この夏行きたい山。Vol. 01 「黒部五郎岳」

ゴールデンウィークも終わりました。夏山、3000m級の日本アルプスの計画をたてるのも良いかもしれません。個人的に好きな山を地質や植生などの視点から見所をご紹介していきたいと思います。黒部五郎岳の登山レポート集はこちら。 第一回は 黒部五郎岳 です…

躍動する命を観察してみよう

西日本の比良山系は日本海側の気候の影響を受ける為多くの雪が積もります。4月に入ると急激に雪解けが進み、ゴールデンウィークともなると山々は緑に包まれだします。赤坂山に行ってみました。 表示 赤坂山山頂から 様々な花々が林床に咲き、 表示 オオイワ…

布引五本松ダム

明日から五月です。5/17-18 に好日山荘90周年記念の六甲山全縦2days が開催されます。中間地点の新神戸駅への途中に国の重要文化財に指定されているダムがあるのをご存知でしょうか。春夏秋冬楽しむことができる街から近い六甲山、中でもこの新神戸駅裏にあ…

新緑が山を駆け上る

六甲山の麓、標高200m付近のモミジが素晴らしい新緑が見せてくれています。陽の光を通してみる若草色が眩しい! 表示 モミジなどの紅葉する落葉広葉樹の葉は春から夏のあいだ一生懸命、葉緑素を働かせます。 常緑広葉樹がほぼ一年間働くのに比べ、落葉広…

春山シーズン到来!

春山のみなさんの楽しみは何でしょうか? 今年は花の開花が遅いようですね ゴールデンウィークには 里山でイワカガミやイワウチワを代表とする 春花が楽しめそうです ↑滋賀県の北部 3日前 まだ1割程しか咲いてません! 一方で雪と新緑のコラボレーヨンを楽…

雪の減り方 in 4月の武奈ヶ岳

サクラの話題も里から山へ、北上していきます。立山黒部アルペンルートも全線開通し既にスキーや登山に出かけられた方も多いと思います。 表示 樹木の周りからどんどん融けて 先日で掛けた滋賀県比良山系の武奈ヶ岳1214m が四月に入って10日間でどのくらい…

山の石から カラコルム ガッシャーブルムⅡ峰編

国立公園の中を歩く事が多い山歩きでは、石などを持って帰るのはご法度です。今回は1985年に行ったパキスタンカラコルムの8000m峰、ガッシャーブルムⅡ峰の岩質についてです。ヒマラヤの話は縁遠い話ですが、私たちの住む日本の山々も同様な地殻変動と浸食を…

カタクリの季節がきました。

雪が消えつつある山里や低山には「カタクリの花」がやってきました。デジカメを持って是非出かけてみませんか。でも、アルプスの5月はまだ冬山と思って準備してくださいね。 表示 佐渡のカタクリ カタクリが花を楽しませてくれるまでには7、年から8年もの歳…

コバノミツバツツジ 満開です。

晩はやや冷えますが、暖かい日が続き六甲山の山すそはコバノミツバツツジが満開となってきました。 表示 六甲山は多くの部分が花崗岩でできていますので、土壌に栄養分も乏しく、酸性です。そんなところで元気が良いのがツツジ達です。九州で有名なミヤマキ…

昭和8年の劔岳への女子集団登山

大阪樟蔭女子大学の前身である高等女学校に1926年(大正15年)、女子専門学校が加設された時の先生に朝輝記太留氏がいました。朋文堂が発行していた「ケルン」1933年十月號に「劔岳への女子集団登攀」という報告を寄稿しています。 表示 1933年「ケルン …

クスノキの衣替え 植物の生き残り戦略 1

西日本の寺社仏閣や樹林帯で目につく「クスノキ」、地面に多くの葉が役目を終えて落ちています。見上げると散髪後のように少しすっきりと青空をバックに新芽が芽吹き始めています。「クスノキ」は常緑広葉樹でその枝葉から樟脳を抽出していました。 表示 常…

苔の森、屋久島を楽しもう。

世界遺産の屋久島は縄文杉がとても有名で多くの登山者が訪れます。今回は屋久島の森でビロードのような苔とその周辺に注目してみました。 表示 縄文杉 ウィルソン株はハートの形を見ることができるので有名です。切株の中に入ることができる唯一の場所ですが…

屋久島へ向かう飛行機の窓から

屋久島の山に行ってきました。 好日山荘が提供する「山のぼり 大好き!」は サンテレビ 4月2日から毎週水曜日ヨル10時30分、屋久島からスタートです。伊丹空港から屋久島へプロペラ機で向かいました。日中の飛行機の窓の下には日本列島がまるで地図を眺めて…

里山にミツマタの花が咲きだしました。

関東の山々は先日の大雪の影響でまだ多くの雪が残っていました。里山は標高が低く多くの樹木があるので遠目で見ると大したことが無いように見えますが、斜面には多く残っています。登山に出かけるときは標準時間より多く見込み、引き返し時間を設定して出か…

花崗岩の島 屋久島とヤクスギ

周囲133km、面積505平方キロメートル(約5万ha)その90%が森林です。縄文杉が特に有名ですが、屋久島にはこれ以外にも著名なヤクスギが存在します。母子杉、千年杉、仏陀杉、天柱杉、くぐり杉などはヤクスギランドの遊歩道から観察できます。 最高峰は宮…

気になる本の紹介  「一万年前」

地質好きなので縞々は結構気になる存在ですが、この本は「年縞(ねんこう)」について詳しく書いています。 表示 舞台は若狭湾がある福井県水月湖です。湖底に積み重なった堆積物の縞々は一年に一本づつ形成されていくのだそうです。巨大地震の痕跡だけでな…

四季に想いを 木々の躍動

節分が過ぎました。大事にしまわれていた箱から日の当たる場所に出してもらえたお雛様が晴れやかにしております。 表示 登山学校では繰り返しお話ししている山の気温ですが、標高を100m上げると0.65度低下します。つまり3000mの稜線をもつ北アルプスは下界に…

チャンス到来!

南岸低気圧が通過した今日 都会では交通網の混乱で騒がれますが 関西、東海、関東エリアの太平洋側では 私たち登山者には数少ないチャンスです! こちらは関西を代表する六甲山山頂 いつものハイキングコースが雪山に変身です 六甲山の槍と穂高 少しはアルプ…

花崗岩

特に登山中に出会う岩石の中で目立つ代表選手は「花崗岩」だと思います。こんなに身近な岩石ですが様々なタイプがありびっくりします。 関東にある丹沢にある深成岩に関して研究されている方々のページが興味深かったのでご紹介します。花崗岩のような深成岩…

六甲山 シュラインロードの野仏

シュラインロードは神戸灘方面からの海産物、北摂方面からの酒米や農林産物が行ききした江戸時代における経済の動脈で、六甲越えのひとつで「行者道」とも呼ばれます。 道中、夜盗に襲われ犠牲となった人々への供養と道中無事の為に、路傍にはたくさんの野仏…

椿と山茶花

椿と山茶花の違いがいつもはっきりしなかったので、調べてみました。 椿は冬~春に咲き、季語は「春」です。漢字も山編に「春」が入っていますね。花は筒状に固まっていてボトッと落下します。そういえば武士は「首が落ちる」を連想して忌み嫌っていたと聞い…

硫黄岳の爆裂火口

冬でも晴天が多い八ヶ岳は多くの登山者を迎えてくれます。スタッドレスを装着していれば、駐車場のある美濃戸口まで入っていくことが出来ます。ここから先は雪道に慣れていない人はどんなに車がアウトドア向きでも入り込まない方が無難です。一時間ほど余計…

しっかり食べて!楽しく登ろう!

好日山荘では若手社員の皆さんに対して、毎年、雪山研修を行っています。公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定ガイドを招へいして、ベーシックな技術を生きた言葉で学べる良い機会となっています。 表示 みんないい笑顔です。 休憩するときは稜線を避け、風…