読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山と気象の関わり VOL.01 「季節の変わり目 秋の嵐にご注意」

猛暑が当たり前となった近年ですが、四季のある日本では春5月、秋10月は季節の変わり目に起きる気象遭難が忘れそうなタイミングで発生しています。 1989年10月の立山、2006年10月の白馬岳と奥穂高岳、2012年5月の白馬岳など記憶にある方も多いかと思います。…

山の健康管理 VOL.08 「運動の秋、体力不足と栄養補給の関係、見直してみました。」

カラダ(筋肉・頭脳)を動かす燃料の糖質、カラダ(筋肉)を劣化させないためのアミノ酸、この大きく二つの要素を上手に食べて、秋山を楽しんでほしいです。 筋肉を動かしたり、頭脳を働かせたりするエネルギーとしてカラダが利用できるのはブドウ糖といわれ…

9月になるとスズメバチの被害のニュースが増えます。

山里や里山、クライミングゲレンデなどでこの時期活発になるスズメバチとの遭遇が増えます。集団の個体数が最大に達する時期です。大きくなった巣にはたくさんの幼虫が養われていますが、幼虫たちに食べさせる昆虫などが減るこの時期は特に攻撃的になるよう…

一度は行ってみたい島の山 VOL.01 「屋久島 奥山縦走 宮之浦岳」

何度か行ったことがある山でも繰り返し訪れたい島、屋久島は2000m近い高峰があるだけでなく、植生の垂直分布がすばらしいです。 地下深くでマグマが固体化した花崗岩を基盤とし日本列島が形作られた1500万年前くらいから姿を現し始めたといわれています。 7…

山を形作る岩石シリーズ VOL.02 「凝灰角礫岩」

そろそろ夏の終わり。葉緑素の働きが低下、分解してきたので、山々を覆う草木が黄色味を帯びてきました。 槍沢をたどり、氷河公園から南岳と中岳の稜線を通って槍ヶ岳を歩くとき、天狗池に映る槍ヶ岳や赤く色づくナナカマドのトンネルを抜ける素敵な景色が続…

いつも持つ「危急時用品」はこれ!

仕事柄、日帰りの山登りでも、ハイキングツアーでも、アルプス登山でも必ずバックパックに入れているものがあります。歩くスピードが低下して予定を大幅に遅れる。疲労して集中力低下、筋力低下、バランス保持力低下を引き金にして、転倒して捻挫・骨折をす…

登山と温泉 VOL.01 「中房温泉」

この一帯は有明花崗岩という岩で覆われています。その特徴は燕岳の稜線の様子は特に有名です。 北アルプス燕岳の登山口にある中房に湧く温泉はとても熱く、地表には湯気がモウモウと立っています。焼岳のような活火山も無いのに、中房温泉はとっても熱いです…

試してみた登山靴について 「前穂高岳」

好日山荘登山学校表銀座ツアーを解散した後、トレーニングを兼ねて前穂高岳を往復してきました。標高差およそ1600mを荷物を背負って、それなりのスピードを意識してみました。(写真を撮ります!カメラ2台とレンズ3本。走りません!) 上高地の標高は1500m…

アトラストレック主催好日山荘登山学校「表銀座縦走」にご参加いただいたお客様へのお知らせ

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。加藤が撮影した写真をアルバムにしましたのでご覧ください。 アルバムのタイトル:20160901_表銀座縦走アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/3 山の記念に、お友達とのご報告に…

少し秋を感じた北アルプス表銀座縦走でした。

好日山荘登山学校で皆さんと夏と秋の狭間を楽しみました。喜作新道ではニホンザルの群れが秋の実りを楽しんでいました。 燕岳への玄関口は中房温泉です。歴史を感じる内湯や外湯、温泉プールも! 燕岳の稜線からは遠く剣立山連峰が望めます。 おなじみのイル…

秋山に向けて新調しました登山靴!

明日は9月。北アルプス表銀座コースに行く前に トランゴ アルプ エボ GORE-TEX へ登山靴を新調しました。なので、足慣らしのため、神戸にいる間、一日中履いてみました。 縫い目が無く、防水被膜であるゴアテックスがピッタリと密着してフィット感が抜群です…

急性高山病 と 脱水症の教訓を次回につなげよう

もうすぐ8月も終わります。富士登山、昨年に比べて話題に上がることが多かったような気がします。お出かけになった方もそうで無い方も何かと話題に上がった富士山から登山のパフォーマンス維持について、「水分補給」の観点に絞って考えてみました。 写真は…

この夏覚えた高山植物VOL.27  「香りで魅了赤い葱坊主 シロウマアサツキ」

北アルプス白馬連峰の中でも蛇紋岩が露出している朝日岳や大雪渓上部の葱平にみられるユリ科のネギの仲間にシロウマアサツキがあります。そっと顔を寄せて花や茎の匂いをかいでみたら、確実に覚えることができると思います。 花を咲かす前は 小さな花の集合…

コラム500号 「初秋の山、どこにお出かけ?」

このガイドコラムにも旭ガイド、山下ガイド、島田ガイドから素晴らしい夏山の様子が続々とアップされています。来年こそは!と思っていらっしゃる方も多いかと思います。今回で加藤コラム500号となりました。今までご覧いただきありがとうございます。今後も…

猛暑の日本列島ですが、六甲山を歩くシーズン4最終回19㎞を楽しく歩きました。

北アルプスの涼しい環境とは違いますが、西日本の低山1000mにも満たない六甲山を縦横に歩くシリーズも今回で4周目。今日はその最終回。ミドリいっぱいの森の中は爽やかで、吹き抜ける風を全身に浴びて歩きましたよ。 10月からはシーズン5が始まります。有馬…

アトラストレック主催好日山荘登山学校「氷河公園から槍ヶ岳」にご参加いただいたお客様へのお知らせ

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。加藤が撮影した写真をアルバムにしましたのでご覧ください。 アルバムのタイトル:20160801_氷河公園から槍ヶ岳アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/2 山の記念に、お友達との…

氷河の跡をたどって槍ヶ岳!

本格的な夏山!と言いたいところです。が、まだ不安定な状態ですね。 8月1日から3日、多くの登山者を迎える北アルプス上高地から槍ヶ岳に行ってきました。槍ヶ岳が見えるうちにと大喰岳でまずポーズ! 今回は槍沢ロッジに宿泊し、氷河公園を通るコースです。…

山を形作る岩石シリーズ VOL.01 「花崗岩」

青い空に白く輝く岩峰、照りつける夏の日差しを照りかえる白い岩肌。そんなイメージがある花崗岩のお話です。 北アルプス 燕岳 9/1-4にツアー実施します。 南アルプス 甲斐駒ケ岳 花崗岩は石英と長石と雲母を主な構成鉱物とした地下深くでゆっくりと、ゆっく…

アトラストレック主催好日山荘登山学校「白馬三山」にご参加いただいたお客様へのお知らせ

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。加藤が撮影した写真をアルバムにしましたのでご覧ください。 アルバムのタイトル:20160724_白馬三山 アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/1 山の記念に、お友達とのご報告に。…

夏本番!雨もまた良し、命あふれる白馬三山を歩きました。 

好日山荘登山学校、わたくし加藤と一緒に歩く夏の北アルプス第二弾「白馬三山三泊四日」は雲が多いものの、雲間に覗く峰々とガスのベールを被るお花畑と魅力たっぷりの山旅でした。 ミヤマキンポウゲとシナノキンバイ、クルマユリ、イワオオギなどが乱舞する…

梅雨明け!花満開のアルプスへ GO!

登山学校では先日から19日にかけて、北アルプスの最北端、花の朝日岳に行ってきました。梅雨明け直前の大雨の中、滝と化した箇所も無事に超え、稜線に近づくころには雨も上がり、何と翌日には前線消滅型の梅雨明けとなりました。 剣岳と毛勝三山をバックにシ…

この夏覚える高山植物VOL.26  「 エゾノハクサンイチゲ」

「ハクサンイチゲ」は白い花を咲かせる高山植物の中で、群生のボリューム感といい花の大きさといい高山植物の代表選手だと思います。キンポウゲ科です。北海道利尻島、利尻岳にさく「ハクサンイチゲ」は「エゾノハクサンイチゲ」といいます。果柄が本州アル…

本州は梅雨ですが、利尻島の山旅

日本最北端の宗谷岬にほど近い稚内。その沖合にある利尻島はフェリーで渡ることも千歳から飛行機で渡ることもできます。利尻島といえば利尻山。 日本百名山ということもあり、多くの登山者を迎えます。そんな利尻山の登山道では様々な出会いがあります。 大…

この夏覚える高山植物VOL.25  「 ミヤマオダマキ」

北アルプス白馬岳の稜線、朝早く歩き出したあの日、朝露に水滴を光らせるあでやかな紫のミヤマオダマキに出会いました。 ランプシェードのような姿は一度見たら忘れないですね。 キンポウゲ科オダマキ属の多年草です。 ☆ シニア初心者向けの関西でのツアーを…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.24  「バナジン鉛鉱」

原子番号113番の空白に日本で発見された物質が6/9、「ニホニウム」と名付けられました。30番の元素亜鉛を83番の元素ビスマスに加速器で核融合させてできた元素だそうです。寿命が千分の一秒なので、鉱物結晶としてみることができないです。今回の鉱物は鉛と2…

この夏覚える高山植物VOL.24  「 アオノツガザクラ」 

「夏 覚える高山植物シリーズ」も24号となりました。花の名山「朝日岳」も今年は雪が少なく見頃も早まるでしょうね。自分流デジタル花図鑑を完成できる一気撮りツアーはこちら。 高山地帯のハイマツの根元や厳しい風雨に曝される森林限界を超えた岩場に生き…

国立登山研修所友の会HPを更新しました。

先月5月21日から27日にかけて富山県剱岳周辺にて、大学生向けの春山研修会が実施されました。講師を務めた杉坂ガイドよりその様子が報告されました。登山研修所友の会ホームページでご確認ください。 ☆ 国立登山研修所友の会のホームページ は登山のお役立ち…

山でよく見る樹木 VOL.01 「そよぐ木 ソヨゴ」

山歩き途中で出会う植物、とりわけ樹木は広葉樹や針葉樹と大雑把にいうことが多いです。落葉する木、常緑の木など覚えるのが大変です。紅葉して自己主張が強い落葉樹は覚えやすいですが、常緑広葉樹はなかなか手ごわいです。 スタートから地味だとお叱りを受…

加西アルプスを歩いて山友と楽しむ!

北播磨エリアの加西市。広く開けた地形は正直言って、兵庫県のイメージと大きく違って伸びやかでした。JRと神戸電鉄、北条鉄道の三つの路線のターミナル!なのにのんびり電車を待つ粟生駅ホーム。そんなローカル線と素敵な駅舎、美人駅長の手を振る後姿に…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.23  「輝水鉛鉱 と モリブデン鉛鉱」

登山用具の中で雪山登山に欠かせないクランポン。(シュタイク)アイゼンとも言います。古くは鍛造された鉄でしたが、私が登山を始めた頃、最初はタニ製のアイゼン、次にクロモリ、クロムモリブデン鋼で作られたものが出回りました。このモリブデンの鉱石は…

この夏覚える高山植物VOL.23 「 湿原の黄色い花 キンコウカ と リュウキンカ」

北アルプス朝日岳へ登る蓮華温泉からの道。兵馬ノ平湿原や五輪高原の木道からは様々な湿原植物を観察することができます。 キンコウカは星形の黄色い花は総状なので、遠目によく目立ちます。葉はアヤメのような細長い剣のようです。 同じ湿原に咲く黄色い花…

緑、色濃くなった六甲山でお待ちしています。

毎年、5月中旬に開催される「六甲ツーデーウォーク」ですが、今年は好日山荘とアウトドアブランド各社も出店する「2016 Mt.FESTA in 六甲」へ バージョンアップしました。 緑のグラデーション、家族そろってハイキングとイベントを一緒に楽しみましょう。21…

この夏覚える高山植物 VOL.22 「エンレイソウ」

日本全国の山地樹林帯で必ず見つかる大きな三つの葉をもつエンレイソウ、延齢草という字をあてることもあるサポニンを含む「ユリ科エンレイソウ属」の多年草です。花弁に見えますが、ガクなのですね。この色はよく見るのは濃い紫です。写真は色が薄いですね…

残雪期の槍ヶ岳 冬と春と初夏、楽しいけど準備万端で!

好日山荘登山学校、残雪期の槍ヶ岳に行ってきました。今年は雪が少ないとの情報が伝わっていますが、冬道と雪道が交錯する登山道では周りを落ち着いて観察することが大切です。 登山道は残雪の具合によって刻々と状況は変わります。100%の正解はありません…

北アルプスの最北端 花の名山「朝日岳」で贅沢な時のご案内です。

例年になく雪が少なかったこの冬シーズン、今年の花はどうだろうか?など悩ましいですね。花好き、山好き、カメラ好きの加藤は7月16日から19日までツアーを実施します。花のコラムはこちら。 入山はあの蓮華温泉、名湯を味わった翌日から登山開始です。今回…

この夏覚えた高山植物 VOL.21 「サンカヨウ」

高山植物の中で湿った森林の下層で大きな葉が目立つ白い清楚な花を輝かせませます。 透明感のある白い花弁は雨に濡れると透き通るようです。 今回、サンカヨウの雄蕊の変化を観察してみました。6本の成熟前の雄蕊は受粉前の子房を持つ雌蕊を囲んでいます。 …

氷期を生き延びたヒメギフチョウとギフチョウに会えました。

2016年ゴールデンウィーク後半は南高北低の気圧配置となり、強い西風が吹き続けました。稜線にあがるのは早々に諦め、まず向かったのが、大町市の居谷里(いやり)湿原。例年ならまだたくさんのザゼンソウが見ることができるはずでしたが、今年はリュウキン…

春の里山 、イカリソウ

昨日、塩の道 大網峠コースを歩きました。今年は地元の方のお話では80年来、覚えていないほど雪が少なかったそうです。道脇には白花イカリソウが咲いていました。 イカリソウは「淫羊かく」という漢方の精力剤にもなるフラボノイド多糖体を含むのだそうです…

新緑の「大江山」

京都の北部、あと少し行くと天橋立にほど近いエリア、どっしりとした山容を誇る大江山は今、春を迎えています。頂上からの眺望も抜群ですが、田起こしが進む山里は蛙の鳴き声と花に飾られています。 大江山といえば酒呑童子!「日本の鬼の交流博物館」もある…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.23  「若草色の鉱物たち」

新緑が美しい時期です。今日は北播磨エリア西脇市の白山を楽しみました。来月5月28日は加西市善坊山と笠松山です。 まずは灰クロム柘榴石(ウバロバイト)。クロムとカルシウムを主成分とするガーネットであまり大きな結晶にならずに皮膜状になっています。 …

裏六甲地獄谷道の様子 & アケビの花

六甲山塊の北側、神戸電鉄の花山駅又は大池駅から六甲山へ登る道に地獄谷道が古くからあります。途中にはいくつかの滝を有する沢沿いの登山道です。 ところが現状、大きな堰堤に上流部に水が溜り登山道が水没しています。おっと! 更に上流にある水没地点を…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.22  「淡紅銀鉱」

ルビーシルバーとも言われるほど金属光沢、紅色のヒ素を含む銀の硫化鉱物です。鮮やかな紅は退色し易いということに少々怯えて暗がりに置いてあります。 銀は貨幣として古くから金と共に流通している重要な金属です。針状に結晶したものもあります。 優れた…

山登りを快適安全にする体つくり 「心拍数を意識する」

私は普段、お客様と歩くときは初めてご参加された方も歩き通せるようにゆっくりとした早さで歩いています。登山中にはたくさんの花や樹木、素晴らしい景色に出会うことができます。ゆっくり歩いて楽しむことができる登山は万人向けです。 どなたにも門戸を開…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.21  「硫砒鉄鉱」

硫=硫黄=S、砒素=As、鉄=Fe、三つの元素の化合物である硫砒鉄鉱です。硫黄はマッチなど火薬で昔から利用され、砒素は殺鼠剤など一時代は日常に身近な元素でもありました。 光化学スモッグや鉱山廃液による公害が社会問題となった時代に学生時代を過ごし…

「北播磨トレッキングハンドブック」 は手にいれましたか?

ただ今セール中の好日山荘各店です。 京都、大阪、兵庫エリアの好日山荘店頭で手に入れることができるトレッキングハンドブックのご紹介です。無料配布で、これが又よくできているのです。地図は地形図を元に等高線もはっきり!磁北線も記入されているので、…

ゴールデンウィーク 残雪の山への計画

今日は4月に入って花散らしの嵐となりました。無機質なグレー街の道を散った桜の花弁が飾っています。家族サービスでうららかな日を過ごした方なら、月末は山に行けるのではないでしょうか。 私がご一緒するゴールデンウィークの登山ツアーは南アルプス甲斐…

すべての年代にぴったりの山歩き きのうスタートしました!

明日からは天候が崩れそうですが、昨日は先輩年齢の皆様と京都トレイル第一回目を春の目覚めを見つけながら11㎞をご一緒しました。 からだを動かすのが楽しい季節ですね。 登山・ハイキングは長時間、荷物を背負って、不整地を歩くスポーツです。花や樹木の…

春の兆し VOL.04 「秋の主役 モミジ の花」

里山を四季を通じて歩くと色々なものが見えてきます。秋に艶やかな錦の衣装を纏うモミジが若葉を広げる4月、小さな花を咲かせているのにお気づきですか。 木々の花に昆虫が集っているようには見えません。動き回ることができない樹木がどのよう子孫を残す工…

春の兆し VOL.03 落ち葉の季節を迎えた 「クスノキ」 

サクラの花咲く四月は新しい門出を迎える人も多いかと思います。落葉樹の枝先は赤らみ、今にも新芽を広げる間近です。山にも生え真冬でも緑の葉を広げる常緑広葉樹、中でも神社や公園の大木でおなじみの「クスノキ」は4月に入る今頃、葉緑素を失い赤くなって…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.20 「銅を含む鉱物たち」

久しぶりに鉱物標本を引っ張り出してみました。銅は大昔から様々な合金として使われてきました。銅単体で結晶するものもありますが多くは化合物として産出します。古来より岩絵具の群青として使われた藍銅鉱(アズライト)は炭酸塩鉱物です。 炭酸が抜けてい…