好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

★加藤智二

毒をもつ植物 VOL.02 「ヒヨドリジョウゴ」

草木の紅葉がひと段落した登山道わきにひときわ美しい赤い実を見つけました。赤い実は鳥にも見つけやすく食べてもらい種子を運んでもらうのに有利なのだと聞きます。さて、この実はどうでしょうか。 ナス科でつる性多年草で、アルカロイドの一種「ソラニン」…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.28  「スズ石」

スズ、錫は青銅器時代。銅との合金が青銅が有名です。中国産のスズ石です。白い鱗片状の白雲母のほうが目立ちます。 こだわりの錫カップなど自宅で使っている方もいるでしょう。左は本錫のタンブラー、右は開花堂の錫茶筒。 半田に使われたり、鉄材にメッキ…

ヘッドランプに必要な明るさと機能 冬山準備編 おまけ VOL.04

冬山限定の登山装備ではありませんが、今回はヘッドランプの明るさと機能に関してです。どのくらいの明るさが必要なのですか?このような質問をよくいただきます。 ズバリ言って、明るさは100ルーメン以上で、年齢が高くなって目の力が弱まった方は値段が高…

京都トレイルの秋も深まりました。

秋晴れの一日、京都トレイルの高雄周辺を歩きました。あか、きいろ、色とりどりのモミジは一つとして同じものが無い鮮やかさでした。 青空に輝く鮮やかな色彩とは違い、苔に落ち、少し縮れたモミジがとても京都らしいですね。 たくさんの太陽光線を浴びるこ…

香りで覚える山の植物 VOL.02 「サクラ」

街路樹の桜がアスファルトの上を舞う季節となりました。低山を歩くと赤や黄色の賑やかなこと!春の桜も良いですが、この季節、桜の紅葉も目を楽しませてくれます。雨上がりや朝露に濡れた桜葉の近くに来たら、目を閉じてみてください。 桜餅を思い出す人もい…

里芋の里での収穫と山登りのイベントのお知らせです。

秋といえば収穫!好日山荘では北播磨の市町とコラボして色々な企画を実施しているのですが、実施間近となった加西市とのコラボ 19日の企画をご案内します! 地元のお母さんから美味しい料理を伝授してもらえるもうれしいですが、何よりも実際の生産現場で農…

アトラストレック大蔵ガイド企画 「屋久島 宮之浦岳・縄文杉」にご参加された方へのお知らせです。

アトラストレック宮之浦岳登山ツアーにご参加された皆様へのお知らせです。 好日山荘登山学校企画と同じ日程となりました。体力的に厳しく様々な思いが詰まった登山ツアーになったことと思います。加藤が撮影したアルバムですが、屋久島の思い出にご覧くださ…

好日山荘登山学校「屋久島 宮之浦岳縦走」にご参加いただいきありがとうございました。

安定した天候の元、充実した山歩きのアルバムができました。 アルバムのタイトル:2016年11月3日~6日 屋久島宮之浦岳縦走 アルバムの URL:http://30d.jp/katomoji/5 歩いた足跡です。 <iframe src="https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1ItufCknhxLxVIWSthK6kFgPL3Vs" width="640" height="480"></iframe> ウインターギアに馴れるためのアイゼントレーニングを12/1六甲山で行…

快晴の屋久島 宮之浦岳の縦走を楽しんできました。

大きな高気圧に覆われた11月初旬、屋久島のメインコース、淀川登山口から宮之浦岳と縄文杉を廻るコースを歩いてきました。 例年に比べるとヤクシカがとても目につきました。 巨大な正長石が目立つ花崗岩は屋久島だ!とすぐ分かります。 翁岳ピークへの道を過…

香りで覚える山の植物 VOL.01 「カツラ」

落ち葉の季節、沢に沿った広葉樹林で甘く香ばしい匂いに気がついたことはあるでしょうか。緑いっぱいの夏には気が付かなくても、目を閉じても秋を感じることができます。嗅覚は閉じることができませんからね。 この甘い香りの元は「マルトール」という物質だ…

保温性に優れた登山靴を選ぶ 冬山準備編 VOL.03

冬、凍った登山道や雪の中を登るには保温性に優れた登山靴が必要になります。ご存知の通り私たちは平熱に近い体温で最も快適に活動することができます。最も重要な部位である頭部と体幹から離れた手先や足先はもっともはやく体温が失われてしまう部位です。 …

地球からの贈り物 鉱物 VOL.27  「鶏冠石 と 石黄」

鮮やかな紅葉と言えない秋シーズンの評判ですが、赤みが少ないものの黄色が美しい紅葉に出会うことができました。 植物の場合、鮮やかな黄色はカロチノイド、赤色はアントシアニンという物質ですが、今回27回目にご紹介するヒ素鉱物の鶏冠石・Realgar は鮮や…

汗濡れに強いアンダーウェアを選ぶ 冬山準備編 VOL.02

いくら暖冬であるといっても、山の頂にうっすらと雪が付き出す季節です。秋山から冬山、来月11月「文化の日」の連休はどちらにお出かけでしょうか。ダケカンバの葉は散り、山肌に白い樹皮を目立たせると雪が舞い始めますね。 寒さ対策のベースは何と言っても…

秋山を楽しむ 押さえておきたい三つのポイント 

今年の紅葉が綺麗だとか綺麗でないとか、いろいろあるかと思いますが、野山に出かければ素敵な出会いがあるものです。 季節は刻々と冬に向います。用心深く準備し、自分や仲間の体調、天候の悪化に敏感になりましょう。 山歩きの基本は四季を通じて同じです…

ピッケルを選ぶ 長く使える最初の一本 冬山準備編 VOL.01

抜けるような青い空に白く輝く山に行くにはどんな装備が必要なのでしょうか。標高の低い山々の紅葉を楽しみながら、素晴らしい雪山に行くための雪山装備を準備しましょう。 初めて購入する雪山入門者から、雪山キャリアが長いベテランまで最も出番が多く使い…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.26  「安銀鉱」

これほどデジタルカメラが普及する前は写真といえば、銀を利用したフィルムが普通でした。80年代に出かけたヒマラヤ登山では36枚撮りのポジフィルムを何十本も購入し、X線防護袋に入れて出国しました。7000mを超える高度で一眼レフカメラのストラップにフ…

無人小屋泊で必要な装備は?

10月も中旬となりました。体育の日を過ぎると標高の高いアルプスの小屋は営業を終え、次々と冬籠りに入ります。山岳地帯にはもう雨露をしのぎ登山をサポートする小屋は無いのでしょうか。テント泊以外に宿泊手段は無いのでしょうか。 日本各地の山岳地帯には…

現代アルピニズムの先駆者、佐々木大輔さんと宮城公博さんの講演会が10/30 大阪で開催です。

国立登山研修所は富山県立山町にある国立の登山研修所です。私も含め多くの方がかかわりある施設です。友の会は毎年、総会と登山界の著名な活躍をされているお招きして講演会を行っています。 今月30日、大阪府社会福祉会館 403 号室 13:00~16:00…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.25 スカイブル- 「胆ばん」  空はなぜ青い?

胆礬(たんばん)chalcanthite は硫酸塩鉱物。化学組成は硫酸銅の5水和物(CuSO4・5H2O)です。水によく溶けるので鉱物標本はラップしてジップロックに保管しています。岩石の割れ目、隙間に入り込んで結晶したのが良くわかります。 水に溶けるとその水溶液…

2016/9/30~10/3 荒川三山にご参加いただいた皆様へのお知らせ

2016年9月30日から10月3日に実施した「好日山荘登山学校南アルプス荒川三山」にご参加いただいた方のアルバムを作成いたしました。 アルバムのタイトル:20160930_荒川三山 アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/4 ★ 11月3日から6日は屋久島宮之浦岳は募集…

山を形作る岩石シリーズ VOL.03 「赤色チャート」 と 荒川三山縦走

秋雨にたたられた秋の日本列島、山小屋のスタッフがやきもきした2016年の秋。前線の動きを見守りながらも南アルプス荒川三山に行ってきました。次の11月初旬は良い天気になってほしいものです。 荒川小屋に束の間の光が差し込みました。 南アルプスは別名「…

剣岳の絶景を一望できる山 VOL.01 「大熊山」

岩と雪の殿堂 剣岳は富山平野にお住いの方であれば春夏秋冬、仰ぎ見ていることと思います。滑川から見た朝焼けの剣岳。 立山室堂に向う途中から覗く剣の姿、雷鳥坂を登り御前小舎の先からみる姿は皆さんも目にしたことがあるかと思います。此の屹立する剣岳…

行ってみた島の山 VOL.02 「小豆島 星ヶ城山」

瀬戸内海の大きな島で淡路島に次ぐ大きな島です。行政区分は四国香川県ですが、多くのフェリーが通っているので、兵庫県からも便利です。「吉田の岩場」はクライミング好きなら耳にしたことがあるかと思います。 「二十四の瞳」の舞台でもあり、オリーブ、手…

登山と気象の関わり VOL.01 「季節の変わり目 秋の嵐にご注意」

猛暑が当たり前となった近年ですが、四季のある日本では春5月、秋10月は季節の変わり目に起きる気象遭難が忘れそうなタイミングで発生しています。 1989年10月の立山、2006年10月の白馬岳と奥穂高岳、2012年5月の白馬岳など記憶にある方も多いかと思います。…

山の健康管理 VOL.08 「運動の秋、体力不足と栄養補給の関係、見直してみました。」

カラダ(筋肉・頭脳)を動かす燃料の糖質、カラダ(筋肉)を劣化させないためのアミノ酸、この大きく二つの要素を上手に食べて、秋山を楽しんでほしいです。 筋肉を動かしたり、頭脳を働かせたりするエネルギーとしてカラダが利用できるのはブドウ糖といわれ…

9月になるとスズメバチの被害のニュースが増えます。

山里や里山、クライミングゲレンデなどでこの時期活発になるスズメバチとの遭遇が増えます。集団の個体数が最大に達する時期です。大きくなった巣にはたくさんの幼虫が養われていますが、幼虫たちに食べさせる昆虫などが減るこの時期は特に攻撃的になるよう…

一度は行ってみたい島の山 VOL.01 「屋久島 奥山縦走 宮之浦岳」

何度か行ったことがある山でも繰り返し訪れたい島、屋久島は2000m近い高峰があるだけでなく、植生の垂直分布がすばらしいです。 地下深くでマグマが固体化した花崗岩を基盤とし日本列島が形作られた1500万年前くらいから姿を現し始めたといわれています。 7…

山を形作る岩石シリーズ VOL.02 「凝灰角礫岩」

そろそろ夏の終わり。葉緑素の働きが低下、分解してきたので、山々を覆う草木が黄色味を帯びてきました。 槍沢をたどり、氷河公園から南岳と中岳の稜線を通って槍ヶ岳を歩くとき、天狗池に映る槍ヶ岳や赤く色づくナナカマドのトンネルを抜ける素敵な景色が続…

いつも持つ「危急時用品」はこれ!

仕事柄、日帰りの山登りでも、ハイキングツアーでも、アルプス登山でも必ずバックパックに入れているものがあります。歩くスピードが低下して予定を大幅に遅れる。疲労して集中力低下、筋力低下、バランス保持力低下を引き金にして、転倒して捻挫・骨折をす…

登山と温泉 VOL.01 「中房温泉」

この一帯は有明花崗岩という岩で覆われています。その特徴は燕岳の稜線の様子は特に有名です。 北アルプス燕岳の登山口にある中房に湧く温泉はとても熱く、地表には湯気がモウモウと立っています。焼岳のような活火山も無いのに、中房温泉はとっても熱いです…

試してみた登山靴について 「前穂高岳」

好日山荘登山学校表銀座ツアーを解散した後、トレーニングを兼ねて前穂高岳を往復してきました。標高差およそ1600mを荷物を背負って、それなりのスピードを意識してみました。(写真を撮ります!カメラ2台とレンズ3本。走りません!) 上高地の標高は1500m…

アトラストレック主催好日山荘登山学校「表銀座縦走」にご参加いただいたお客様へのお知らせ

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。加藤が撮影した写真をアルバムにしましたのでご覧ください。 アルバムのタイトル:20160901_表銀座縦走アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/3 山の記念に、お友達とのご報告に…

少し秋を感じた北アルプス表銀座縦走でした。

好日山荘登山学校で皆さんと夏と秋の狭間を楽しみました。喜作新道ではニホンザルの群れが秋の実りを楽しんでいました。 燕岳への玄関口は中房温泉です。歴史を感じる内湯や外湯、温泉プールも! 燕岳の稜線からは遠く剣立山連峰が望めます。 おなじみのイル…

秋山に向けて新調しました登山靴!

明日は9月。北アルプス表銀座コースに行く前に トランゴ アルプ エボ GORE-TEX へ登山靴を新調しました。なので、足慣らしのため、神戸にいる間、一日中履いてみました。 縫い目が無く、防水被膜であるゴアテックスがピッタリと密着してフィット感が抜群です…

急性高山病 と 脱水症の教訓を次回につなげよう

もうすぐ8月も終わります。富士登山、昨年に比べて話題に上がることが多かったような気がします。お出かけになった方もそうで無い方も何かと話題に上がった富士山から登山のパフォーマンス維持について、「水分補給」の観点に絞って考えてみました。 写真は…

この夏覚えた高山植物VOL.27  「香りで魅了赤い葱坊主 シロウマアサツキ」

北アルプス白馬連峰の中でも蛇紋岩が露出している朝日岳や大雪渓上部の葱平にみられるユリ科のネギの仲間にシロウマアサツキがあります。そっと顔を寄せて花や茎の匂いをかいでみたら、確実に覚えることができると思います。 花を咲かす前は 小さな花の集合…

コラム500号 「初秋の山、どこにお出かけ?」

このガイドコラムにも旭ガイド、山下ガイド、島田ガイドから素晴らしい夏山の様子が続々とアップされています。来年こそは!と思っていらっしゃる方も多いかと思います。今回で加藤コラム500号となりました。今までご覧いただきありがとうございます。今後も…

猛暑の日本列島ですが、六甲山を歩くシーズン4最終回19㎞を楽しく歩きました。

北アルプスの涼しい環境とは違いますが、西日本の低山1000mにも満たない六甲山を縦横に歩くシリーズも今回で4周目。今日はその最終回。ミドリいっぱいの森の中は爽やかで、吹き抜ける風を全身に浴びて歩きましたよ。 10月からはシーズン5が始まります。有馬…

アトラストレック主催好日山荘登山学校「氷河公園から槍ヶ岳」にご参加いただいたお客様へのお知らせ

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。加藤が撮影した写真をアルバムにしましたのでご覧ください。 アルバムのタイトル:20160801_氷河公園から槍ヶ岳アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/2 山の記念に、お友達との…

氷河の跡をたどって槍ヶ岳!

本格的な夏山!と言いたいところです。が、まだ不安定な状態ですね。 8月1日から3日、多くの登山者を迎える北アルプス上高地から槍ヶ岳に行ってきました。槍ヶ岳が見えるうちにと大喰岳でまずポーズ! 今回は槍沢ロッジに宿泊し、氷河公園を通るコースです。…

山を形作る岩石シリーズ VOL.01 「花崗岩」

青い空に白く輝く岩峰、照りつける夏の日差しを照りかえる白い岩肌。そんなイメージがある花崗岩のお話です。 北アルプス 燕岳 9/1-4にツアー実施します。 南アルプス 甲斐駒ケ岳 花崗岩は石英と長石と雲母を主な構成鉱物とした地下深くでゆっくりと、ゆっく…

アトラストレック主催好日山荘登山学校「白馬三山」にご参加いただいたお客様へのお知らせ

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。加藤が撮影した写真をアルバムにしましたのでご覧ください。 アルバムのタイトル:20160724_白馬三山 アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/1 山の記念に、お友達とのご報告に。…

夏本番!雨もまた良し、命あふれる白馬三山を歩きました。 

好日山荘登山学校、わたくし加藤と一緒に歩く夏の北アルプス第二弾「白馬三山三泊四日」は雲が多いものの、雲間に覗く峰々とガスのベールを被るお花畑と魅力たっぷりの山旅でした。 ミヤマキンポウゲとシナノキンバイ、クルマユリ、イワオオギなどが乱舞する…

梅雨明け!花満開のアルプスへ GO!

登山学校では先日から19日にかけて、北アルプスの最北端、花の朝日岳に行ってきました。梅雨明け直前の大雨の中、滝と化した箇所も無事に超え、稜線に近づくころには雨も上がり、何と翌日には前線消滅型の梅雨明けとなりました。 剣岳と毛勝三山をバックにシ…

この夏覚える高山植物VOL.26  「 エゾノハクサンイチゲ」

「ハクサンイチゲ」は白い花を咲かせる高山植物の中で、群生のボリューム感といい花の大きさといい高山植物の代表選手だと思います。キンポウゲ科です。北海道利尻島、利尻岳にさく「ハクサンイチゲ」は「エゾノハクサンイチゲ」といいます。果柄が本州アル…

本州は梅雨ですが、利尻島の山旅

日本最北端の宗谷岬にほど近い稚内。その沖合にある利尻島はフェリーで渡ることも千歳から飛行機で渡ることもできます。利尻島といえば利尻山。 日本百名山ということもあり、多くの登山者を迎えます。そんな利尻山の登山道では様々な出会いがあります。 大…

この夏覚える高山植物VOL.25  「 ミヤマオダマキ」

北アルプス白馬岳の稜線、朝早く歩き出したあの日、朝露に水滴を光らせるあでやかな紫のミヤマオダマキに出会いました。 ランプシェードのような姿は一度見たら忘れないですね。 キンポウゲ科オダマキ属の多年草です。 ☆ シニア初心者向けの関西でのツアーを…

地球からの贈り物 鉱物 VOL.24  「バナジン鉛鉱」

原子番号113番の空白に日本で発見された物質が6/9、「ニホニウム」と名付けられました。30番の元素亜鉛を83番の元素ビスマスに加速器で核融合させてできた元素だそうです。寿命が千分の一秒なので、鉱物結晶としてみることができないです。今回の鉱物は鉛と2…

この夏覚える高山植物VOL.24  「 アオノツガザクラ」 

「夏 覚える高山植物シリーズ」も24号となりました。花の名山「朝日岳」も今年は雪が少なく見頃も早まるでしょうね。自分流デジタル花図鑑を完成できる一気撮りツアーはこちら。 高山地帯のハイマツの根元や厳しい風雨に曝される森林限界を超えた岩場に生き…

国立登山研修所友の会HPを更新しました。

先月5月21日から27日にかけて富山県剱岳周辺にて、大学生向けの春山研修会が実施されました。講師を務めた杉坂ガイドよりその様子が報告されました。登山研修所友の会ホームページでご確認ください。 ☆ 国立登山研修所友の会のホームページ は登山のお役立ち…