好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

山の上は徐々に夏から秋へ

※前穂高岳北尾根 2018年の7〜8月は山でも快晴続き。 山で素晴らしい体験をされた方も多かったのではないでしょうか? ※奥大日岳にかかる虹 通常、夏山は午前中は晴れていても午後から積乱雲が発達し、降雨や雷雨など必ずと言っていいほどあるものです。が、…

実技講座 「はじめての朝駆け/くじゅう星生山」 レポート

8/12(日)朝2:30に牧ノ戸峠へ集合し、くじゅう星生山へ朝駆けです。 (ご来光登山 福岡では朝駆けと言います)ちょうどペルセウス座流星群も見れるという絶好のタイミング! 満天の星空と流れ星が見れました! それぞれがヘッドランプを付けて、灯りを頼り…

8月アルプス第二弾 岩の殿堂 剱岳

岩と雪の殿堂といえば、富山県の名峰 剱岳ですね。 登山道の鎖整備が格段に進んだとはいえ、富山県山岳警備隊という伝統ある屈強の男たちのお世話にならぬよう、体力と技術を万全に登らなければなりません。 立山剱岳エリアは花崗岩がの隆起し、火山噴火の溶…

8月アルプス第一弾 花三昧の朝日岳

暑い日が続く日本列島です。標高を上げれば涼しくなるのは道理ですが、背中にはしっかりと2Lのハイドレーションを背負っての登山となりました。 蛇紋岩が露出する雪深い朝日岳。豊富な水が育む高山植物の宝庫です。 蛇紋岩はマグネシウムなど植物には苦手な…

ナイトハイクも暑かった。

夏は標高の高い山で、涼しく快適な登山を楽しまれる方も多いですよね。 でも、なかなか休みの都合や諸事情で高い山までいけない方もいます。 そんな遠出をせずとも「涼」を楽しめる登山の一つがナイトハイク! 先日、実技講座で歩いてきました。 ■登山レポー…

おとな女子&登山学校 富士山笑顔で全員山頂へ

21日~22日におとな女子登山部、23日~24日で登山学校実技講座として富士山に登ってきました。 おとな女子登山部の様子はこちら 23日~24日の登山学校の様子を写真でお伝えします。 総勢21人のおとな女子登山部より登山学校は少なめの5人でしたが、全員笑顔…

九州発 登山学校実技講座 「初めてのテント泊INボウガツル」 レポート

西日本では暑い暑い日々が続いていましたが、 7/21(土)-22(日)のくじゅうはなんと涼しい2日間でした。天気は、二日間くもり、ガスが出たり消えたり そして、夜から朝にかけては強風で一晩を越すという 貴重な(?!)体験となりました。 さあ、出発前に…

常識を疑え!今、なぜハイドレーションなのか?

渇きを自覚したらから飲む? これは本当か。 蛇口をひねれば飲み水が手に入る珍しい国が日本ですね。そんな私たちの常識がいとも簡単に壊わしてしまう災害が多いのも日本です。 登山を楽しむ私たちに欠かせない装備の一つに水筒、私が持ち歩く水筒は丈夫で柔…

南アルプス白根三山縦走、お花畑がお出迎え!

猛烈な暑さが続く日本列島です。標高を1000m上がれば約6.5度、2000m上がれば約13度、3000m上がれば約19.5度気温が下がるといわれます。 低い山でも、直射日光を避けられる緑陰登山道ならずいぶんと涼しく感じられますが、玄関先から登山口までが熱中症注…

TVQアナウンサー結城さんと立石山へ挑戦&ご案内させて頂きました。

梅雨が明け、晴れ間が続いています。西日本は猛暑が続きどこへ行ってもとても暑い季節です。そんな中、7/14(土)立石山へ登ってきました。TVQアナウンサーの結城さんは初めての登山ですが、 服装等は事前準備をバッチリしていたので快適です。速乾ウェア…

白馬周辺の登山道情報

連日の猛暑は体に堪えますね・・・と言いながら、白馬村は朝晩は涼しく、まだ自宅のエアコンは一度も稼働していない田中より白馬周辺の登山道情報をお伝えします。 「唐松方面」 連休中に唐松に登った方へ。「おめでとうございます!!」素晴らしい景色を楽…

自然を感じる

広島県北の山々には、 いつもと変わらない静かで綺麗な自然美がありました。 長い歳月を掛けてできる自然の造形美。 沢は、もっとも自然を感じる事ができる登山スタイルの一つだと思います。 そこを住処とする生き物たち。 紫陽花が満開でした。 広島の南部…

ヨーロッパアルプスについて

フランス・シャモニに来て2週間近くになります。今年は残雪が少し多いですが。2週間以上天気がいいので毎日登山日和です。その逆の時もあり、天気は運です。 ヨーロッパの山は大きいです。大きいので近くに見えても目標へは遠いです。また地形が大きいので…

好日山荘 創業者 西岡一雄の型録 「1931年(昭和6年)の巻頭言」から

私の手元には古い型録があります。それは1924年に西岡一雄が創業した好日山荘7年目の1931年に発行した手書きガリ版刷のカタログです。 現在、好日山荘の名を継ぐ年月は積み重ねること94年となりました。回顧に浸るわけではありませんが、当時、西岡氏がどう…

いよいよ富士山登山シーズン開幕!!

6月も下旬となりました。いよいよ、7月1日に富士吉田ルート、7月10日にその他の3ルートの登山道が開通します!! ↑写真は4月くらいの雪が残る富士山(現在の積雪状況ではありません) 現在、山梨県、静岡県の県職員関係者、山小屋関係者、ガイドさん…

植物と友達になろう! VOL.14 「コバイケイソウ」

雪がどんどんと消えていく6月です。湿り気のあるところが大好きな「コバイケイソウ」です。背も高く白い花穂のたくさん付く群生は見事なものです。 今年、伝え聞くところでは花の多い、いわゆる当たり年!という説もありますが、是非自分の目で確かめてくだ…

災害でも役に立つ登山用品 VOL.05 「狭くたってプライベート空間! 寝袋・シュラフ」

小さなアパートに住んでいた頃、私の寝具はシュラフでした!という時代もあったわけですが、テント泊の必須アイテムはシュラフ!そしてマットレスです。 家族で災害避難生活夏休み体験してはいかがですか。 軽くてコンパクト、体全体を包むので暖かい登山用…

山でバッタリ

好日山荘契約ガイドである、島田ガイドと井坂ガイドに御在所岳の裏道で出会いました。後ろから歩きながら見ていて、良い装備持っている人いるな〜あの人達、強そうだな〜と思っていたらお二人でした。 6月初旬まで滑りに行っていましたが、土や岩の足裏感覚…

災害でも役に立つ登山用品 VOL.04 「落下物から頭を守る! ヘルメット」

長野県・岐阜県・富山県に位置する北アルプスなど岩稜地帯が多い山岳ルートを登山するときには「ヘルメット」が当たり前の時代になりましたね。 市街地の不確定要素が増大するのが自然災害ですね。 建物からの落下物から頭部を守る!台風など強風による飛来…

災害でも役に立つ登山用品 VOL.03 「お湯作りと調理、火を確保! 携帯コンロ」

「テント泊登山」! アウトドアで安全に楽しく行動するための「衣食住」を自分の背中にすべて積み込むスタイルの登山に憧れて登山を始めた方も多いのではないでしょうか。 テント泊や山小屋利用での自炊登山で必ず持っていくものが、小型バーナーとコッヘル…

災害でも役に立つ登山用品 VOL.02 「安全を高める! ヘッドランプ」

地震のインパクトが薄れないうちに第二弾です。 夜明け前からの行動や已む負えない事情での夕方から夜間の行動に備えて、登山装備のマストアイテムはヘッドランプです。 通勤バックに入れておけるサイズです。 リュックサックに入れっぱなしではもったいない…

災害でも役に立つ登山用品 VOL.01 「水が無くてもトイレは我慢したくない!」

生きていく上に欠かせないのは水、そして食べ物ですね。登山においても私たちは水と食料は欠かすことができません。 これは屋久島でおなじみの携帯トイレブースの中です。 貴重な飲むことができるグレードの水を水洗トイレで使わないということはとても大切…

今年の夏は憧れの北アルプスへ!!

6月に入り白馬周辺の観光用ゴンドラ、ロープウエイ、チェアリフトが運行を開始。これにより雄大なアルプスのど真ん中まで簡単にアクセスできるようになりました。 乗り物を降りると・・・山、緑、残雪、太陽 息をのむような素晴らしい景色の展望を望めます!…

植物と友達になろう! VOL.13 「ハクサンイチゲ」

日本列島は二つの大陸プレート(ユーラシア・北米)に二つの海洋プレート(フィリピン海・太平洋)がせめぎ合う地球上で特筆すべき場所なのだと、昨日の地震で思い起こさせられました。1995年の阪神大震災でも登山キャンプ用品(コンロ・ガスカートリッジ・…

植物と友達になろう! VOL.12 「チングルマ」

今日6/18の通勤時間帯に発生した大阪の地震、バックの中にあるヘッドランプを思わず確認してしまいました。1995年の阪神大震災以降、小型軽量化されたLEDヘッドランプは共にあります。 チングルマはバラ科の落葉小低木です。アルプスの高山で地表が露出する…

岩石から山をみてみよう VOL.05 「柱状節理」

日本は160万年とも170万年とも言われる、はるかに大昔からの火山列島です。 兵庫県豊岡市、丸山川東側にある玄武洞は何度行っても楽しめます。 玄武岩溶岩のぶ厚い層が冷却する時にこれらの柱状節理ができたそうです。田んぼのドロが干上がった時にできる多…

岩石から山をみてみよう VOL.04 「北八ヶ岳天狗岳と稲子岳」

富士山と比較されるほど広いすそ野を持つ八ヶ岳連峰は100万年を超える長い火山噴火の歴史を持っています。南八ヶ岳の方が古い火山で北八ヶ岳は若い火山ですね。 先日、黒百合ヒュッテに宿泊して天狗岳から北の稲子岳周辺を歩いてみました。 いつも雪に覆われ…

初のミヤマキリシマ

河野ガイドのブログにもありますが、今時期の九州の山々はミヤマキリシマの最盛期。5月下旬から6月中旬にかけて、国の天然記念物であるミヤマキリシマが山頂をピンクに染め、登山客を楽しませてくれます。 私も写真で見たり、九州地方のお客様に聞いていたり…

実技講座「のぼろ登山部!はじめてのくじゅう 黒岩山~泉水山縦走」 レポート

好日山荘×季刊のぼろ×六本松蔦屋書店のコラボ企画。 天気の良い中、くじゅうのパノラマを楽しみながら歩けるルートを楽しみました。 6/3(日)はくじゅう山開き。今年の山開きは大船山でした。天気は良く、登山者で賑わい、駐車場はすでに満車です。 ミヤマキ…

実技講座  「くじゅう ミヤマキリシマ満開の扇ヶ鼻」トレッキング レポート

6/2(土)博多から貸し切りバスで、「くじゅう扇ヶ鼻」へ。 梅雨に入ってすぐの中休み。 天気が良く、登山を楽しめました。 バスの中からくじゅうの斜面がピンクに染まっているのが見えて来ると、 さらにワクワクします。出発の牧ノ戸峠は満車でした。準備運…