好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

海の日の連休に向けて

f:id:asahiryuta:20170714112252j:plain今週末は海の日も合わせると三連休。いよいよ夏山シーズンスタートという事でアルプスに出かける方も多いでしょう。最近の残雪状況ですが、降雨により随分と融解が進んだようですが、沢沿いや日射影響の少ない斜面ではまだまだ、多いようです。※島田ガイドのコラム参照
guide-column.hatenablog.com

私も連休以降にアルプスへ出かけるのですが、ルートにより、以下装備を通常の夏山装備に加えてお客さんに案内しています。※これらは特に今年に限った事ではなく7月のアルプスに行くならば当然の装備です。

●アイゼン●トレッキングポール ●ピッケル※ルートにより

穂高やアルプスの山へ行くのであれば、登山靴はマウンテンブーツ(ライト)もしくはトレッキングブーツ(ハード)と指定しています。マウンテンブーツ(ライト)の方はかかとにコバがついていますので、ハイブリッドの10〜12本爪の縦走用アイゼンがおすすめです。トレッキングブーツ(ハード)の方は、かかとにコバがありませんのでストラップオンの10〜12本爪アイゼンを。

傾斜の緩い斜面であれば、6本爪の軽アイゼンでもよいですが、急斜面は前爪がないと登下降が非常に難しいです。※コンディションによっては氷化している場合もあります。

『持っていったにも関わらず使わない』なんて事も当然あります。それは技量にもよりますし、現場のコンディションは毎日、またその時々で異なりますので現場合わせです。命に関わる事ですから、『持っていたけど使わなくてすんだ』はよいですが、『必要だけど装備が無い!』は大問題です。

重いから〜と言わずに。おおよそ500g、ペットボトル500ml1本程です。

f:id:asahiryuta:20170714112448j:plain

事前にルートの再確認をし、ぬかりのない登山計画を。安全に山を楽しんでください。ご参考まで。

 

槍ヶ岳

今年は残雪が多いですね
槍ヶ岳北鎌尾根にいっておりましたが
6月中下旬のようなアルプスの景色に
ちょっとおどろきです
f:id:shimadaguide:20170710070521j:plain
グリーンバンドから見た氷河公園
f:id:shimadaguide:20170710075133j:plain
大曲あたりから見た槍沢上部(右上が槍沢)

私たちは前爪付10-12本のアイゼンでさくさく
登下降できますが
六本爪アイゼンの方は斜度が急なところや
雪が柔らかくなり潜るところは苦労しています
チェーンアイゼンの方は爪が短いためよく
滑っているところをお見かけしましたね
ちなみに今日槍沢で雪渓で滑落→ヘリ搬送
された韓国の方がおられました

アイゼンは重いからとか大袈裟だとかではなく
持参するほうが結局お得です
アイゼン無しで滑ることで力が逃げて脚が疲れたり
怪我のリスクが高くなるので
7月いっぱいのアルプスの沢筋の登山道は
アイゼンは必ず持参していただきたいものです

f:id:shimadaguide:20170710143134j:plain
あとはこれ!今年もブヨが多い感じです
ハッカ油などの虫除けとともに持参したいですね

f:id:shimadaguide:20170710143310j:plain
おまけ写真1→槍沢のキヌガサソウ

f:id:shimadaguide:20170710144104j:plain
おまけ写真2→天丈沢からの槍ヶ岳北鎌尾根

f:id:shimadaguide:20170710143552j:plain
おまけ写真3→北鎌からみた西鎌尾根方面

初夏の北海道 十勝岳に行ってきました。

梅雨前線が長く本州を覆う時期、北海道なら良いのでは?ということで北海道旭川空港に降り立ちました。湿った空気が流れ込んでいるせいかメリハリがない感じです。

f:id:katomoji:20170705120017j:plain

要監視火山である十勝岳。美瑛、富良野に広がるうねる丘陵は活発な火山活動によってもたらされたものです。稜線から見るいくつかの小さな噴気孔、硫黄の黄色さが目立ちます。

f:id:katomoji:20170705120406j:plain

十勝岳温泉から登り、高山植物の豊かな富良野岳への道を右に見送って、十勝連峰の稜線を目指します。このルートは活発な火山活動エリアから離れているので植物も多めかもしれません。

f:id:katomoji:20170705121123j:plain

天候予想も芳しくないので、更に早めの登山にしました

さすが北海道、午前3時過ぎでもヘッドランプは不要の明るさです。これなら、雨に降られる前に稜線を楽しめるかもしれません。

f:id:katomoji:20170705121536j:plain

振り返ると富良野岳には傘雲がかかっていました。

f:id:katomoji:20170705121809j:plain

十勝岳山頂からの展望はありませんでしたが、望岳台への下山コースの荒涼とした火口特有の雰囲気を楽しんできました。部分的には富士山のシーンと重なる時もありました。

f:id:katomoji:20170705122056j:plain

三浦綾子の描いた「泥流地帯」を横切り辺りには、生命力の旺盛なイソツツジが白い花を満開に咲かせていました。

f:id:katomoji:20170705122303j:plain

登山後、ちょっと立ち寄った「青い池」。水酸化アルミニウムなどの微粒子を含む湖水で太陽光線が散乱、波長の短い青みが強調されるようです。

f:id:katomoji:20170705122536j:plain

梅雨の大雨でアルプスの積雪も大きく変化しているかと思います。ぜひ、楽しい夏山計画を立ててください。

残席数のある加藤同行の夏企画です。

北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走 7月10日(月) ~ 13日(木)3泊4日  催行決定

奥穂高岳・涸沢岳・前穂高岳縦走 7月23日(日) ~ 26日(水)3泊4日 催行決定

氷河公園から槍ヶ岳へ 7月28日(金) ~ 30日(日) 2泊3日

燕岳から槍ヶ岳 表銀座縦走  8月31日(木) ~ 9月03日(日)3泊4日

塩見岳~間ノ岳~北岳縦走  9月21日(木) ~ 24日(日)3泊4日

荒川三山~赤石岳縦走  9月29日(金) ~ 10月02日(月)3泊4日

レイヤリングその①

f:id:asahiryuta:20170705112913j:plain

昨夜は、名古屋マウントラボにて机上講座『シーズン直前!夏山縦走の為の装備とレイヤリング』と題してお話をさせていただきました。台風通過中、足元の悪い中でのご参加ありがとうございました。

講座の中ではレイヤリングについて特に関心を持たれている方が多い印象。最近よく言われるレイヤリングって…「重ね着?」と思われる方も多いかと思います。しかし、ただ重ね着をすればよいというものでもありません。

それぞれ違う機能や役割を持つレイヤー(層)で服を構成し環境の変化行動負荷による変化に対応して、身体を乾いた状態に保てるように効果的に組み合わせる。「重ね着システム」です。

その目的とはズバリ…『水蒸気の放出、温度調整』『外部から水と風を防ぐ事』。

質問タイムには汗っかきなのですが…という質問が多々ありました。ではそもそもなぜ人間は汗をかくのでしょうか?

汗を出すのは体温を調節する為です。私たちは外気温が高いときなどに汗をかきます。これは汗として水分が蒸発するときに体の熱を奪い、体温が下がるようにしているのです。登山による行動負荷がかかった際も同じで、体温が上昇した際に体温を下げようと汗をかくのです。

汗をかくのは悪い事ではありませんが塩分も失われます。失った分の水分も補給しなければなりませんので汗はかいても少量の方がいいですよね。

登山者の中にも『いつも私はこの服装で…』と口にする方がいらっしゃいますが、登山中は環境の変化行動負荷による変化にあわせて脱ぐ、着るというこまめな調整が必要です。 その②ではレイヤー(層)別の目的について書いてみたいと思います。

 

 

 

好日山荘登山学校実技講座 「縦走ロングトレイル/若杉山~宝満山」ご参加ありがとうございました。

7/1は、梅雨の中休みで雨が降らず天気に恵まれました。

福岡では、縦走の登竜門の一つでいつかは行きたいと思っている方が多いルートです。

主な山頂は、
若杉山~砥石山~三郡山~仏頂山~宝満山とロングルートです。

ゆっくり歩く、水分補給、エネルギー補給をコマメにする事を

特に注意しながら歩きました。

みなさん頑張って、無事完歩できました!
また、時折涼しい風が吹き癒されました。

f:id:kawano1430:20170702164347j:plain

若杉山~宝満山へ歩き切った「宝満山」での蔓延の笑み♪

f:id:kawano1430:20170702164431j:plain

若杉山の先の展望台より三郡山を見る

f:id:kawano1430:20170702164452j:plain

三郡山へ到着。ピークのゴール、「宝満山」が望めます。

f:id:kawano1430:20170702164541j:plain

宝満山直下のキャンプ場

f:id:kawano1430:20170702164557j:plain

宝満山より来た道を振り返る(よく歩きました~♪)

みなさんで協力しながらロングルート制覇できました!

ご参加ありがとうございました。
またのご参加お待ちしております。

 

登山レポートはこちら

九州の実技講座はこちら

九州の机上講座はこちら

 

 

一歩二歩山歩 この週末、みなみらんぼう さん と 登山よもやま話をします!

明日、24日午後2時から、JRO(ジロー)会員講演会があります。シンガーソングライターみなみらんぼうさんと対談講演会です。

f:id:katomoji:20170623112818j:plain

大阪市民体育館大会議室でお待ちしています。らんぼうさんは一回り以上の先輩で、「山口さんちのツトム君」を口ずさんだ私もとても楽しみにしています。

f:id:katomoji:20170623113248j:plain

世代を超えた皆様へ、植物や生き物にあふれた山歩きの楽しさが伝われば良いなぁと思っています。

残席数のある加藤同行の夏企画です。

南アルプス 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走 7月10日(月) ~ 13日(木)3泊4日

北アルプス/ 朝日岳と雪倉岳 7月17日(月) ~ 20日(木)3泊4日

北アルプス/奥穂高岳・涸沢岳・前穂高岳縦走 7月23日(日) ~ 26日(水)3泊4日

北アルプス/氷河公園から槍ヶ岳へ 7月28日(金) ~ 30日(日) 2泊3日

北アルプス/燕岳から槍ヶ岳 表銀座縦走  8月31日(木) ~ 9月03日(日)3泊4日

南アルプス/塩見岳~間ノ岳~北岳縦走  9月21日(木) ~ 24日(日)3泊4日

南アルプス/荒川三山~赤石岳縦走  9月29日(金) ~ 10月02日(月)3泊4日

今年も利尻島へ

f:id:asahiryuta:20170620133447j:plain

昨年に続き、最北の百名山利尻岳に行ってきました。

f:id:asahiryuta:20170620133505j:plain

f:id:asahiryuta:20170620133521j:plain

f:id:asahiryuta:20170620133539j:plain

寒気が流入し、前日はみぞれ。私達が登った日には樹氷が形成されていました。私は半袖のベースレイヤーの下にドライナミックメッシュレイヤーを着て、薄手のフリース、それに薄手の化繊ダウンを脱いだり着たりというレイヤリングでした。f:id:asahiryuta:20170620133549j:plain

天候に恵まれれば、素晴らしい眺望。山頂とベースになる街との標高差が約1700m。標高を100m上がると気温が0.65度下がり、風速1mの風があたれば体感温度は1度下がると言われていますから11.5度の気温差があります。山麓が15度でも山頂付近は3.5度。これに風速10mがふいていれば、体感温度は-6.5度となります。さらに汗や雨等で体や衣類が濡れている時に風を浴びれば、より早く体温は奪われていきます。そんなコンディションではドライナミックメッシュレイヤーは大活躍でした。f:id:asahiryuta:20170620133601j:plain

ザゼンソウ。

f:id:asahiryuta:20170620133615j:plain

マイヅルソウの群生。

f:id:asahiryuta:20170620134253j:plain

食も魅力ですね。ホッケのちゃんちゃん焼きやイカ、ホタテ。

日本は素晴らしい!