読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

週末の西穂高岳登頂

土日共雨予報なので、駐車場や小屋は空いていてのんびりで過ごせましたが。

 

これからの時期、前線の微妙な位置により天気予報は変わるので、

日曜日は5時起きで準備しましたが、やはり雨の為丸山までで終了しました。

 

どこもそうですが今年の山は積雪多いです。

これからは日々雪の状態変わります。また濡れ対策も必要になります。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170410165047j:plain

山は白い世界、里に降りると花が色づいてきて二重に楽しめる時期です。

 

春の白馬は登山イベントが盛りだくさん!!

雪の多い今シーズン スキー場や山の上部はまだまだ冬の景色ですが麓ではすっかり暖かくなり春の訪れが近ずいています。

 

「冬は登山はお休み」という登山愛好家の皆さんにとっては、早く山に行きたくてわくわくする季節ではないでしょうか。私の住む白馬村では5月に入るとハイキング、トレッキング、そして夏登山シーズンの幕開けとなるイベントが盛りだくさんです。

 

その中でも大きな2大イベントをご紹介します。

 

まずはゴールデンウイーク

f:id:saruatsushi:20170410134218j:plain

戦国時代より塩や海産物を輸送する道の一つとして、そして上杉謙信が対立する武田信玄に塩を送り「敵に塩をおくる」ということわざにもなった伝説の道として有名な千国街道。この歴史深い道を3日間に分けて歩いて巡るイベントが「塩の道祭り」です。

 

5月3日: 小谷村 / 5月4日: 白馬村 / 5月5日: 大町市

の日程でどなたでも参加可能・参加費無料です。もちろん1日だけの参加もOK。

道中ではたくさんの振舞いや屋台が並ぶので景色・食・ハイキング・文化を満喫できます。田中家も毎年楽しみにしているイベントです。

 

次に各地で行われる「山開き・開山祭」イベントの一つ白馬開山祭です。

 f:id:saruatsushi:20170410135531j:plain

f:id:saruatsushi:20170410135452j:plain

残雪が残る北アルプス白馬連峰の山開きを告げる「貞逸祭・白馬連峰開山祭」

開山祭では、夏山の山開きを祝い、山の安全を祈願する安全祈願祭のほか、白馬大雪渓トレッキングツアーや、白馬のシンボルでもある白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を縦走するツアーや白馬大雪渓トレッキングツアーがお勧めです。白馬山案内人組合のガイドが参加者を案内してくれます。

 

白馬村民の多くが「春の白馬は最高」と言います。水田、桜、新緑、そしてそのバックには真っ白な残雪をまとった後立山連峰の雄姿。本当に素晴らしい季節なので是非白馬村へお越しください。

 

好日山荘白馬店でも同イベントに合わせて最新ウエアやお買い得商品をご用意してお待ちしております。開山祭ご参加者への特典もありますので是非お店にもお立ち寄りください。

 

清々しいく気持ちいい白馬でお待ちしております!!

外来帰化植物 VOL.01 「オオイヌノフグリ」

里、畑の畦や道の脇に目に入る青くて小さなオオイヌノフグリ。ヨーロッパ原産のオオバコ科クワガタソウ属です。全国いたるところで見ることができます。オオバコ科は強いのでしょうか。

f:id:katomoji:20170410124738j:plain

名前の由来に触れない訳にもいきませんが、果実の形から「犬のふぐり」と付いたとか。別種の「イヌノフグリ」に比べて大きいので、「オオイヌノフグリ」になったとか。瑠璃色の可愛い花なので、違う名前にしてあげたいと思うのは私だけではないと思います。

早春、まだほかの植物が繁茂する前に青い小花を多数つけ、さっさと種を付くって夏の終盤には枯れてしまうそうです。

f:id:katomoji:20170410125110j:plain

種は秋に芽を出し他の植物が枯れてしまう冬の間に勢力を広げます。葉の縁と表面の棘状の毛で冬の霜の寒さから身を守っているそうです。

f:id:katomoji:20170410130009j:plain

山里には明治時代頃に日本に入ってきたヒメオドリコソウなど様々な帰化植物にあふれています。下の写真のタンポポは茎と花の接続部分の総苞と呼ばれるガク片が反り返っていない日本タンポポのようで、帰化植物の中で奮闘しているようです。

f:id:katomoji:20170410130259j:plain

オオイヌノフグリは帰化植物ですが、日本在来種でオオバコ科クワガタソウ属には高山植物のミヤマクワガタがあります。似ているようなそうでもないような?

f:id:katomoji:20170410132336j:plain

ピークハントがメインではじっくりと高山植物を観察できませんが、少し贅沢な企画をご紹介します。

7月17日から20日は北アルプスの最北端 花の名山朝日岳を巡るツアーを企画しました。

南アルプス白根三山縦走は7/10から14です。

加藤校長と歩こう シリーズ はこちら。

 

 

 

 

季節の変わり目Vol.2

f:id:asahiryuta:20170409133447j:plain

前回の記事、季節の変わり目 - 好日山荘 ガイドコラムに引き続き『季節の変わり目Vo.2』です。

今週末は山行を楽しみにしていたのに雨のせいで山に行けず、残念な方も多かったのではないかと思います。季節の変わり目3月中旬から 4月上旬にかけて, 菜の花が咲く頃に降る長雨。「春の長雨」の事を菜種梅雨と言ったりします。高気圧がはり出したり移動性高気圧が北に偏って日本列島を通ったりするために,関東地方や太平洋沿岸部には冷たく湿った北東風が吹き,前線が停滞しやすくなる。そこへ小低気圧が次々と発生,東進するため,すっきりしない天気が続くようです。

人間サイドの都合では嫌だな〜と思う雨ですが、菜種梅雨はこれから咲き誇る花々にとって恵みの雨となります。もっとも梅雨のような何日も降雨が続き、集中豪雨を招くことは少ないし自然のリズムに合わせて山に行けば問題ありませんね。

しかし、この降雨中や降雨後の山行には注意しなければいけない点があります。ここ数日の山行で季節の変わり目に気にしている事をいくつかあげてみます。

●雪山においても防水対策が必要。バックパックのレインカバー、防水の手袋など。

●前線通過後、天気が回復して来る際に強風が吹いたり、温度が下がったりします。※山行前にはただしく天気予報を見て山中では、実際にどう推移しているのるか評価し続ける事が大切です。高い標高の山でも雨やみぞれ、濡れから冷えに注意!

●降雨により雪の結束性の弱くなりますから、急斜面では特に雪崩に注意です。この急斜面というのは自分がいる地点ではなく、自分の上方にある斜面も含まれます。雪崩地形を認識して行動してください。

●雪の結束性が弱いという事は…歩く際も歩きにくいです。

グサグサッと、腰まで深く沈んでしまったりしますので場合によってはワカンが必要な時も。※日射影響や昇温によって積雪表面が緩んだ場合も同様です

f:id:asahiryuta:20170409125954j:plainこんな好天の日も、午後の下山時に雪も緩めば…。

f:id:asahiryuta:20170409130051j:plain

ゾンビ軍団と化す…!!一番左の方は腰まで埋まってます。私も膝まで埋まる雪ですがそのあたりはテクニックですね。足がうまった際は埋まった方向にそのまま足を引き上げると抜けますよ。無理やり動くとこうなります。f:id:asahiryuta:20170409131213j:plain

と、理由がわからないとなぜ装備が必要なのか分らないので体験した後は、ワカンを装着し装備のありがたみを体感。

季節の変わり目、引き続き安全に山を楽しみましょう!

 

 

 

 

野山で出会う花 VOL.08 「アケビ・ミツバアケビ」

よく陽が当たる登山道の脇、つる性の落葉樹であるアケビの花が咲いています。秋にアケビの実があると多くの方が足を止め、見上げて探す、あのアケビです。

f:id:katomoji:20170408105351j:plain

3枚の小葉で濃い赤紫のガクが目立つミツバアケビです。アケビは雌雄同株ですが、花は雌雄別々になります。上の写真は雌花のアップです。

f:id:katomoji:20170408105133j:plain

雄花は雄しべ6本。10数個ほどの雄花がブドウの房のように(花序)ぶら下がっています。

アケビは小葉が5枚、下のような淡い紫のクリーム色のガクが目立ちます。

f:id:katomoji:20170408105817j:plain

円柱状の雌しべが複数付きます。下の写真は7本ですね。

f:id:katomoji:20170408110956j:plain

雄花は雌花より小さく、複数個集まっています。

f:id:katomoji:20170408111047j:plain

黒い種を包むトロトロしたところは甘いです。皮や白い部分は栄養豊富で油いためにしたり、若葉はおひたしに、つるは工芸品に使われるだけでなく、利尿作用を持つ生薬として、種からは油も搾ったとか。なかなかの芸達者のようです。

f:id:katomoji:20170408112059j:plain

春、アケビの咲く場所をインプットして、秋にもう一度!山の生き物も狙っていますかね。

好日山荘登山学校の実技にいらっしゃいませんか。

夏から秋までの南・北アルプスと屋久島まで新たな企画が登山学校HPにも掲載、お申し込みが可能になりました。3泊4日の縦走主体です。

目標に向かって日々の山歩きも大いに楽しんでいきましょう。

季節の山をご一緒することで、自然をたたえ、生命をいつくしみながら、参加された皆様が気分よく健康に近づけるお手伝いをしています。安全と安心の道具の使い方、自然に入るときの準備など一歩一歩体験実践していきます。

加藤校長と歩こう シリーズ

山田まゆみ教室 シリーズ

藤原ガイドと行く シリーズ

雪への理解を深める VOL.02 「雪の縞々は気象の記憶装置」

降り積もった雪は圧縮(圧密といっています)され、融ける一方、更に上には雪が積もっていきます。この現象は5月ゴールデンウィーク頃まで繰り返され、夏から秋に向っては減り続けていきます。雪山登山の知識とスキー技術があれば、これからはまさに最高に楽しい季節の到来ですね。

f:id:katomoji:20170407110452j:plain

一方、融雪期の一部のエリアでは大規模な全層雪崩も発生することがあります。剣岳長次郎谷出合。このような水分と土砂をたっぷり含んだ破壊力の雪崩には、遭うこと自体を避ける知見と努力、臆病さが必要となります。この時は5月連休、季節外れの大雨が降り続いた後に発生しました。

f:id:katomoji:20170407100315j:plain

厳冬期には手が付けられなかったルートも、3月半ばから5月には素晴らしい登山をすることもできます。

f:id:katomoji:20170407100855j:plain

雪は降ったり止んだり、風に吹き飛ばされたり吹き溜まったりします。前回のコラムVOL.01 で書いたように積雪にはたくさんの空気が含まれています。ですから、積雪の中には積もっていたその時間の空気やその時の気温情報が含まれているのです。

f:id:katomoji:20170407094456j:plain

大陸からもたらされた黄砂がその日付をたどる道標にもなります。

f:id:katomoji:20170407094607j:plain

ショベルとスノーソーを使って、積雪を掘ってその断面を調査することがあります。縞々の中には、過去に積雪表面が融けたり、雨が染み込んだ後に気温が低下するなどしてできる「氷板」が見つかることもあります。雪洞を構築するときにこれが出てくるとなかなか掘れず厄介ですね。

f:id:katomoji:20170407095033j:plain

上の写真は今年2017年2月23日深夜に発生した大雪崩の破断面です。深夜ですから登山者が雪崩発生の引き金になった訳ではないでしょう。2mもの積雪の中に広範囲にわたって弱層といわれる密着度の弱い層が、その後に降り積もった積雪の重みに耐えきれず、引きちぎられました。三か所の位置もリッジラインの下端付近で似通っています。

f:id:katomoji:20170407102415j:plain

雪があれば全てが雪山?、冬山はいつからいつ? 春山なら安全?といった単純な線引きができません。有るがままの自然環境フィールドで行うアウトドアスポーツ、それが登山というものです。

徒手空拳で山には行けませんが、捜索探索する道具さえあれば登山が安全になるという道具信仰に陥らないよう、登山者自身が過去に起こした自分の失敗や他人の失敗原因を考察し、様々な講習で知識や体験を積み重ね、危険で不安定な条件の重なったコースや時期に入り込まないようにしたいと思います。

自然現象に興味を持つが、勝負にいかない! 謙虚に臆病であれ!

好日山荘登山学校の実技にいらっしゃいませんか。

夏から秋までの南・北アルプスと屋久島まで新たな企画が登山学校HPにも掲載、お申し込みが可能になりました。3泊4日の縦走主体です。

目標に向かって日々の山歩きも大いに楽しんでいきましょう。

季節の山をご一緒することで、自然をたたえ、生命をいつくしみながら、参加された皆様が気分よく健康に近づけるお手伝いをしています。安全と安心の道具の使い方、自然に入るときの準備など一歩一歩体験実践していきます。

加藤校長と歩こう シリーズ

山田まゆみ教室 シリーズ

藤原ガイドと行く シリーズ

 

ガイド研修

所属するガイド協会「日本プロガイド協会」の研修が宝剣岳で行われました。

まずはロープウェイで2612mの千畳敷へ。楽チンです。

天候は快晴、暑いくらいでやっと春山シーズン到来か、という感じでした。やっぱり春のアルプスは明るくて良いですね!
それにしても宝剣岳(写真右)の左下の破断面はすさまじいものがありますね。。f:id:isakamichihiko:20170406103326j:plain

 

研修の2日前にもまとまった降雪があったので、雪崩に注意しながらラインを取ります。ロープウェイの駅から30分ほどで気持ちの良い雪稜に出ます。f:id:isakamichihiko:20170406103533j:plain

 

登攀中の別パーティー。絵になります。f:id:isakamichihiko:20170406103649j:plain

 

宝剣岳への稜線は細いリッジや氷化した急斜面が多く、上級者向けのルートです。f:id:isakamichihiko:20170406103751j:plain

 

極楽平の直下にも破断面がありました。こちらは新しそう。f:id:isakamichihiko:20170406103857j:plain

 

ロープウェイでアクセスができる山(西穂高岳や木曽駒、宝剣)はアプローチの良さから、初心者向けの山としてとらえられることが多いですが、実際は他の3000m級の山と変わりはありません。十分な技術、装備、経験が必要になります。

これから北アルプスでは小屋開けが始まり、本格的な春山、残雪シーズンが始まります。自分の技量を見極めて、それぞれに見合った山にチャレンジしてみて下さい。

 

好日山荘登山学校にて残雪期の前穂高岳登頂のプランを組んでおります。
残雪期でしか登れない奥明神沢からダイレクトに山頂に抜ける爽快なルートです。山頂からは槍穂高連峰をはじめ北、中央、南アルプスを見渡せる展望が楽しめます。f:id:isakamichihiko:20170406120222j:plain

井坂ガイド同行 残雪期バリエーション
前穂高岳登頂
http://www.kojitusanso.jp/school/practical/detail/?p=905